Articles

View More
  • KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

    インタヴュー
  • OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

    コラム
  • OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2020年レコメンド20

    コラム
  • 福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 後編

    ライヴレポート
  • 福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 前編

    ライヴレポート
  • REVIEWS : 009 ジャズ(2020年10月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

    連載
  • REVIEWS : 007 国内インディ・ロック(2020年8月)──綿引佑太

    連載

Best Sellings

View More
  1. Crossing Reality
  2. NOT TiGHT
  3. 風の縄文【Remastered】

New Arrivals

Daily New Arrivals
  • 20th Anniversary "My Guitar, My Life"

    アコースティックギタリスト・押尾コータローのメジャーデビュー20周年を飾るニューアルバムが完成!「My Guitar, My Life」は、20年の軌跡を辿りながらこの先の未来を見つめるような、CD2枚組の豪華版。

  • Making Us Alive (Live)

    桑原あいデビュー10周年記念作。日本全国で繰り広げた白熱のトリオ・ライヴ。 ●ジャズ・シーンに衝撃をもたらした2012年のデビューから今年で10周年を迎えたピアニストの桑原あい。 ●10周年を記念した本アルバムは、近年の活動の中心である鳥越啓介(ベース)~千住宗臣(ドラムス)とのレギュラー・トリオ「桑原あい ザ・プロジェクト」名義での作品。 ●同トリオにとってライヴ・ステージが最も本領を発揮できる場であるため、今年の4月から7月にかけて全国4ヶ所で開催した「Recording Tour 2022 “Live Takes"」を全編録音し、その中からベスト・テイクを厳選して収録。 ●自身の代表曲のセルフ・カヴァーに加えて、クラシック~ジャズ~ロック~ソウルなど、あらゆるジャンルの名曲を桑原あいが編曲。アレンジャーとしての才能も存分に発揮された作品となっています。

  • INNOCENCE -SACRA BLUE BEATS Mix-

    SACRA BLUE BEATS第5弾!藍井エイルの代表曲の1つ、「INNOCENCE」をRemix!

  • MONOLITH

    Jazz/World

    Suchmos の伴盤奏者 TAIHEI が ,新たに始めた ドラムレスバンド” 賽 (SAI)”。ベーシックなトリオ編成ながら3人のインタープレイにより聴き応えのある重厚なサウンドを作り上げている。今作はドラムレス編成の枠に囚われることなく制作された楽曲。前回同様に同日配信でドラムレスの楽曲「賽」もリリース。

  • Jazz/World

    Suchmos の伴盤奏者 TAIHEI が ,新たに始めた ドラムレスバンド” 賽 (SAI)”。ベーシックなトリオ編成ながら3人のインタープレイにより聴き応えのある重厚なサウンドを作り上げている。今作はドラムレス編成の枠に囚われることなく制作された楽曲。前回同様に同日配信でドラムレスの楽曲「賽」もリリース。

  • A Case Of You

    2022年11月に発売となる、須永辰緒プロデュースによるジョニ・ミッチェルの"BLUE"を丸々カバーするコンセプト・アルバムからの先行シングルは、あのプリンスも愛した”A Case Of You”!カップリングにはMaki Mannami + nonomiによるエクスペリメンタル・ソウルなリミックスを特別収録。J.Lamottaすずめの真骨頂とも言うべきスピリチュアルな雰囲気、そしてそれにピタリとマッチしたアレンジを纏ったオリジナルに加え、新進気鋭の日系チリ人ビートメーカーのnonomi、そしてSTEには欠かせないL.A.在住の音楽家Maki Mannamiのコラボレーションによる、まさに最新のエクスペリメンタル・ソウルとして結実したリミックスを収録。

  • 夜の庭

    藤本一馬が奏でるどこか懐かしさを感じさせるオーガニックなサウンドに、畠山美由紀の伸びのある歌声が響く傑作!アルバムの発売に先駆け、配信シングル第二弾「夜の庭」(作詞:畠山美由紀/作曲:藤本一馬)を9/23にリリース。本曲は、1stシングル「新しい眼」と同じく、二人による共作で完成した楽曲。 ギターとチェロによる幻想的な弦楽アレンジ、そして歌が調和した斬新なサウンドは、アルバムを象徴するハイライトのひとつ。 歌詞にうたわれたノスタルジックな世界観は、畠山美由紀の幼少期の風景が元になっている。生まれ故郷である気仙沼の実家の庭で、祖父の手作りによる雲梯(うんてい)の上に寝ころび、満天の星空を飽かずに眺めた少女時代を過ごしたという。歌と歌詞、サウンドの蜜月が織りなす本曲は、「懐かしくも新しい」本作の方向性、ならびに本デュオの魅力を象徴する一曲ともなっている。

  • plums (Deluxe)

    前作リリース以降、活躍のフィールドを飛躍的に拡げ続けるhokuto。数々のプロデュースワークスをこなしながら3年の制作 期間経て完成させた本作は、ヒップホップの軸はブレずに、MPCだけではない多種多様なサウンドを取り入れた上で現在 進行形でアップデートした幅広い音楽性を魅せている。心地良いメロディとキャッチーさを保ちつつも、エモーショナルなサウ ンド、ヘッズを唸らすディープな一面も見せており、自身の揺るぎないヒップホップへのマナーと愛を凝縮させた一つの物語が 体現できる作品となった。同友の唾奇、TOCCHI、HANGをはじめ変態紳士クラブよりWILYWNKA、VIGORMAN等、自身 がこれまでに出会ってきた仲間達と敬愛するアーティストと共に創り上げた極上のグッドミュージックに溢れた渾身のセカンド・ アルバム。

  • Happy In The Rain

    吉澤成友とXTALの共作によるニューアルバム 「Playing Nowhere」より アルバム収録曲「Happy In The Rain」を先行配信

From Major Labels

Universal Music Group

  • NOT TiGHT

    KAWAII×超絶テクのギャップで圧倒的な存在感を放つZ世代の新星デュオ、ドミ&JD・ベック、超待望デビュー・アルバム! 弱冠22歳と18歳にして、ハービー・ハンコックやアンダーソン・パーク、サンダーキャット、フライング・ロータス、ルイス・コール、ザ・ルーツなど名だたるアーティストと共演。その若さやカワイイルックスもさることながら、信じられないほどの超絶テクと音楽的な才能で世界中からの称賛を集め続けるZ世代の新星デュオ、ドミ&JD・ベック(DOMi & JD BECK)。 SNS総フォロワー数80万人、YouTube再生回数1,000万回超と話題の彼らが、アンダーソン・パークがユニバーサルミュージックと新たに立ち上げたレーベル、エイプシット・インク (APESHIT Inc.)&名門ブルーノート・レコードと契約し、超待望となるデビュー・アルバムがリリース! 超絶テクや複雑なハーモニーを存分に披露したSNS動画で世界的なバズを巻き起こした2人だが、アルバムはそれらの魅力もさることながら、「昔のジャズ・レジェンドみたいにライヴ・アルバムを作るべきという声もあったんだけど、動画の延長ではなくて何か新しい作品を創り上げたかった」という本人たちのコメント通り、よりポップでキャッチ―な楽曲が並んでいる。クールかつメロウなドミのキーボードと、新世代のドラム・ヒーローであるJD・ベックによる超絶的なフィルが印象的な先行シングル「スマイル」、ジャズ・レジェンドのハービー・ハンコックをピアノでフィーチャーした「ムーン」、バスタ・ライムス、スヌープ・ドッグ、アンダーソン・パークという超豪華な面子と創り上げたポッセカット「パイロット」、サンダーキャットの繊細なヴォーカルや美メロ、ベースプレイも堪能出来る「ボウリング」など、聴きどころしかない圧巻の全15曲。

  • ユニバーサルミュージック カタログぞくぞく追加中!

    Warner Music Group

    ワーナーミュージック、ロスレス配信開始!
    TOP