Pick Up

Hot Singles!

Selected New Releases

Daily New Arrivals 
  • コントラスト(Special Edition)

    Uru

    Pop

    一躍その名前を広めることになった『オリオンブルー』に続くサードアルバム。TBS系 日曜劇場『マイファミリー』主題歌「それを愛と呼ぶなら」や、映画『ファーストラヴ』主題歌「ファーストラヴ」等、数々のヒット曲を収録した待望のニューアルバム。

  • パレードが続くなら

    YUKI ソロデビュー20周年!5月・11月にリリースしたEPに続き、ソロデビュー20周年イヤーのラストを飾る、11枚目のオリジナルアルバムをリリース!

  • ドラマチックじゃなくても

    通算6枚目となる待望のアルバム『blossom』のリリース後、ワンマンライブだけでなく大型音楽フェスへも出演するなど2022年も精力的にアーティスト活動を展開してきた花澤香菜の最新シングルが発売決定!表題曲は、花澤自身が主役・久保渚咲(くぼ なぎさ)役を務める2023年1月から放送開始のTVアニメ『久保さんは僕を許さない』のオープニングテーマにも抜擢されており、花澤としては初の“主役&主題歌アーティスト”をダブル担当!楽曲はノスタルジックで儚くも、心に刺さるミディアムナンバー。

  • 十二次元

    独創的かつ衝撃的なパフォーマンス、多方面にわたり活躍するそのニュース性の高さから音楽業界のみならず各方面で常に話題になっている女王蜂。2020年2月に発売された『BL』から約3 ぶり、待望の New Album をリリース。

  • 初音ミクシンフォニー~Miku Symphony 2022 オーケストラライブ

    初音ミクを中心としたVOCALOID楽曲を豪華フルオーケストラで演奏するコンサートで2016年から続く、2022年7回目の開催を迎える“初音ミクシンフォニー”。収録内容は2022年9月25日(日)のパシフィコ横浜公演。

  • Radiant Melodies – FINAL FANTASY VII

    FFVIIより新たなアレンジアルバムが登場! 発売25周年を迎えた「ファイナルファンタジーVII」より、人気楽曲のアレンジアルバムが登場。本作は、弦楽器とパーカッションというシンプルな編成ながら、弦楽器が奏でるおなじみのメロディたちは聴きごたえ抜群!!勝負の前、ご機嫌な日、気分を明るくしたい時…などシチュエーションに合わせて聴くと、よりポジティブな気持ちになれるようなアレンジに!

  • MONSTER UNIVERSE ORIGINAL SOUNDTRACK

    菅野よう子、3DアクションRPG『MONSTER UNIVERSE』へ主題歌「Trace My Fears」に菅野よう子 feat. chellyとして参加、主題歌も収録したサウンドトラック「MONSTER UNIVERSE ORIGINAL SOUNDTRACK」が配信開始。

  • Collection Album [未来]

    「IDOLY PRIDE」3枚目のフルアルバム メディアミックスプロジェクト「IDOLY PRIDE」3枚目のフルアルバム。すでにゲーム実装されている楽曲に加え、全く新しい組み合わせのメンバーでお届けする新曲やソロ曲など、新曲が多い盛りだくさんな収録内容に。

  • わちゅごなどぅー

    虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会最新シングル! 『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』のスピンオフコミック『にじよん』(漫画:ミヤコヒト)がアニメ化! TVアニメ『にじよん あにめーしょん』が2023年1月にTOKYO MX、BS11にて放送予定。 その主題歌が早くもシングルリリース! 全員歌唱に加え、学年別歌唱とOff Vocalを含む全5トラックを収録。

  • TRIANGLE

    12月に結成11周年を迎え、勢いを増す DISH//の、5thフルアルバム!ヒロアカ主題歌、大人気ドラマ主題歌3曲、北村出演 CM ソングなど話題曲盛り沢山の12曲が収録。

  • mixtape

    Moto(Vo)、Maika(Ba&Vo)、Lily(Gt&Vo)による3ピースバンド、Chilli Beans.が3rd EPをリリース。本作品のタイトル『mixtape』にもあるように、今作は色々な要素をミックスした、そんな作品になっている。収録内容は「lemonade」や「アンドロン」でも共作をしたVaundyとの初めてのフィーチャリング楽曲「rose feat. Vaundy」や、ライブのサポートドラマーを務める Yuumi と共作をし、過去作品でもレコーディングに参加しているBOBOともレコーディングをした「duri-dade」、メンバー同士親交もある Klang Ruler yonkeyが手掛けた、Chilli Beans.初となるリミックス楽曲「アンドロン (yonkey remix)」 、12月1日にリリースされ た"ニュースタンダード・クリスマスソング"「daylight」や、日々の小さな不安や葛藤を歌ったミディアムナンバー「border line」など全5曲を収録。

  • 健やかDE居たい

    本作は八木海莉本人が作詞作曲を務めた4曲に加え、彼女の出自ともいえるカバーシリーズよりRADWIMPS「セプテンバーさん」も収録された全5曲。「のうのうた」は彼女の代表曲「お茶でも飲んで」以来、若干16歳のボカロP”皆川溺”と再タッグ。デビューから1年が経ち、彼女のソングライティングと作詞能力に磨きが掛かり引き続き、インターネットミュージックシーンにも通ずるポップスのほかにもAORやシューゲイザーなど新たなアプローチを試みた意欲作。

  • ADVANCE

    先行配信されている「LOVE〜極〜」、「ONE DAY」に加え、新たに3曲の新曲が収録することが決定。これまでもDevil ANTHEM.の多くの楽曲を手掛けてきた今城沙々が制作した可愛らしくポップなバレンタイン・ソング「そわそわチョコレート」、SHINNOSUKEとRelectが手掛けた爽やかなクラブサウンドに、彼女たちの力強い思いが綴られ、ファンと共に前へ進む気持ちが表現された楽曲「ADVANCE」、山下智輝が制作したエモーショナルなロックナンバー「不確かな未来」などの新曲を収録し、既発楽曲も2023ver.として再録された全12曲とDevil ANTHEM.の”今“を感じることができる1枚となっております。

  • 無邪気 e.p.

    2021年9月3日に乃木坂 46、モーニング娘。、アンジュルム、フェアリーズの OG により結成された【アイドルのセカンドキャリア】をコンセプトに結成されたグループ Youplus(ユープラス)。2021年12月の1st EPオリコンディリーチャート18位、2022年4月の1stシングルとオリコンディリーチャート11位と着実にそのステップを歩いてきた彼女達の渾身の2ndシングルは中西香菜による珠玉の名曲「無邪気」。

  • サニーサイドへようこそ

    新生代シンガーソングライター笹川真生が、セカンド・アルバム『サニーサイドへようこそ』をリリー。 笹川真生のフルアルバムリリースは2019年9月にリリースしたファースト・アルバム『あたらしいからだ』以来、約3年半ぶり。『サニーサイドへようこそ』には既発曲の”異邦人”、”日本の九月の気層です”、”ためらいあいいたい”、”うろんなひと”や理芽に提供した”食虫植物”のリアレンジセルフカヴァー、など全10曲を収録。レコーディングには、盟友 田中雄大 (ユアネス)、Lライヴのバンドメンバーでもある嶋英治、澤田千冬、ドラムテックで佐藤謙介が参加。全曲のミックスは池田洋 (hmc studio)、マスタリングは木村健太郎 (kimken studio) が担当。ジャケットアートワークはさめほしが担当した。

  • tear

    2021年1月のデビューアルバム『カーテンコール』から約2年ぶりのリリース。 「等身大の詞世界」も特徴の1つであるreGretGirlの詞世界が、人生と共に変化していく様子もこのアルバムで表現。

  • FULL OF LOVE

    小山田壮平(Vo, G)率いる音楽集団・FULL OF LOVE、1stEP「FULL OF LOVE」配信リリース

  • A440

    イギリス名門レーベルButterzのDJ Qと日本が誇るプロデューサーtofubeatsによるコラボEP。数年前に行われたRedBullでのコラボレーションを契機に、本EPの制作が開始。ロンドンと日本の様々なアーティストが呼応しあうEPが完成した。リードトラックの「440hz」はオーバー・アンダーグラウンド問わずさまざまな客演で常に見事なスキルを見せるDaichi Yamamotoと、「BAKI 」などでバズを起こした大阪JointzのKohが参加。DJ Qとtofubeatsによるトリッキーながらも踊れるトラックの上で骨太なUKガラージが展開する。また、マスタリングはロンドンのMetropolis所属Stuart Hawkesが手がける。

FRESH!

  • Stay free

    『自由に縛られた不自由な僕ら、めくるめくる変わる答えの中』 Eee.が初のバンドサウンドで作り上げたEP『Stay Free』をリリース。自身の活動コンセプトである"好きなように、自由に"を収めた1枚は、伊賀航 (Bass)、椎野恭一 (Dr)、長崎真吾 (Gt, Mix, Arrange)とのセッションで生まれたクロスオーバーな4曲を収録。新境地=白紙の先でEee.が見出す答えとは ------------------------------------ 東京都狛江市出身、クリエイター集団・Eskimoに所属するEee.。これまでに2枚のEPと1枚のアルバム発表。何気ない日常を切り取った情景描写や心情を繊細に描いたリリックでオリジナリティを魅せる。 初のバンドサウンドで構成された今作は"好きなように、自由に"を追求するが故の"自由を求める不自由さ"もトピックとなり、サウンド面、メッセージ性においても進化を遂げた。 疾走感溢れる「I am」でオープニングを飾り、自身もEPの核と位置付けた「Contrast」。そして、レコーディング時のジャムセッションで生まれた表題曲「Stay Free」や、バンドアレンジで生まれ変わった「AoAo(Band Ver.)」。実力派ミュージシャンが織り成す流麗なグルーヴを纏った4曲を収録。 ジャケットは、自身の父親であるアートディレクター・蝦名龍郎が制作。 確かな進化と成熟を魅せるEee.の新たな世界観を決定づけた。

  • 夜景

    「夜」だからこそ見れる素敵な景色がある。 夜の孤独すらも心地よい1 日のアンコールへと導くチルなラブソングと自身のヒットソングをセルフカバーで詰め込んだ約1 年7 ヶ月ぶりの5th アルバム「夜景」

  • opal

    Kaoruko自身の言う「私は何色かって聞かれたら答えられない あれもこれも好きだし、経験してみたい。opalみたいに色んな色が集まって綺麗に見えるって、いいなあって、憧れてました この作品を全て込みで、なんかいいなあって誰かが思ってくれたらすごく嬉しい」と言う言葉が表すように、アーティストとして成長していく過程の儚い瑞々しさを彼女の好きなダンスミュージックやオルタナティブなテイストに詰め込んだ珠玉の5曲入り4th EP。YENTOWNのラッパーkZmが2022年夏に本格始動したレーベル/パーティー/コレクティブのDe-void*よりリリース。プロデュース陣はSatoshi Anan(ex.never young beach, PAELLAS)、Yohji Igarashi、DJ DISK、nerdwitchkomugichan(Age Factory)、TSUBAMEなど、堂々の顔ぶれが集まった2023年スタートに相応しい必聴の一枚。

  • Bones

    Digital EP "Bones"

  • イシュ

    2015年1月昆虫キッズ解散以降、高橋翔キャリア初のソロアルバム「イシュ」がやってくる 2021年先行配信されたリード曲「キセキ」「夢の隠れ家」を含む全10曲。 ジャケット写真のシャツの開き方を見ればわかるようにコンフィデンスとプライドに満ち満ちた 最新型のロックンロールアルバムが降臨。

  • BRIGHT FUTURE

    Young zetton x WATSONによるEP『BRIGHT FUTURE 』

  • 冬の花火

    北海道札幌を中心に活動する平均年齢23歳のギターロックバンド「TRiFOLiUM」 どこか切なく疾走感のある楽曲とは裏腹に、熱量満開のLIVEも彼ら最大の魅力。 そんな彼らから小説のような独特の世界観を描いた、冬の切ない一曲「冬の花火」がリリース!! Vo.藤田逞コメント 冬に花火が光るからこそ季節外れでなんだかロマンチックを感じてしまうので 冬の曲にしようと決まった時から"花火"というワードを入れることは決めていました。 歌詞の中には男女の会話や女性だけの言葉など、 楽しかった雰囲気も別れ際の雰囲気も全て登場します。 「まだわずかに光に照らされた僕らの未来は冬の雪と一緒に溶けていくんだ」 切ない冬の失恋曲になっています。

  • めざめる惑星

    Hirono Nishiyamaによるソロ ユニットGutevolk、5年ぶりのオリジナルアルバムとなる「めざめる惑星」をリリース!

  • Winter ep

    宅録作曲家・トラックメイカーioni、冬をコンセプトにしたEP「Winter ep」配信リリース!

  • HONEST

    全員が10代、新世代の旗手になり得るであろう、まごうことなきメロディックパンクバンドの船出。名古屋発3ピースバンド、HONESTが初となるフルアルバム『HONEST』を完成させた。これぞという純メロディックパンクが詰め込まれた全13曲。キャッチーなサビからぶっちぎりで突っ走りながらしっかり響かせる「I Like You」、切ないメロディーとキレの良いリズムが噛み合う「Over Slept」、シリアスに駆け抜ける「Minority」、無骨に牙をむき出す「From Me To You」等、まさに、という出来栄えの作品

  • deadpool

    JeterとY ohtrixpointneverによるポップユニットPeterparker69。 2022年に結成されてからすぐにリリースした1stシングル”Flight To Mumbai”は既にアンセムとして絶大な人気を東京のクラブシーンで獲得しており、同作が2023年のAppleのCM曲として活動1年目の若手ながら抜擢されたことも記憶に新しい。 そんな彼らが満を持して初のEP”deadpool”を発表。 どこか退廃的で夢想的なムードを纏いつつ、Peterparker69ならではの独自のポップスへのスタンスを表明した5曲と、AppleのCMにも採用された”Flight to Mumbai”1曲の合計6曲がEPとして収録されている。 彼らはそれぞれソロの楽曲でも海外の”Planet Rave”や”Hyperpop”といったプレイリストに入るなど、突出した音楽性を盾に自在に国内外問わず活躍を続けており、TohjiやkZmといったアーティストがリードするオルタナシーンの次世代を担う存在として方々から期待されている。

  • 巡礼する季語

    幽体コミュニケーションズの初のミニアルバムである『巡礼する季語』では、全ての曲にいずれかの季節の要素が編み込まれており、音源集を通して聴くことで春夏秋冬を順に巡ることができるようになっている。サウンド面では、ドラムンベースやヒップホップ的なアレンジでリズムグルーヴへのアプローチを強化する一方、アンビエントかつ映像的な音世界を深化させるなど、全方位的な展開の仕方を見せている。 文脈を横断するようなコラージュ感覚溢れるトラックに、ラップのグルーブを咀嚼したpayaと流線的ないししの歌唱、吉居大輝による変幻自在のギタープレイングが折り重なることによって映し出される音世界を体感することができる音源集になっている。

  • 心はずっとそのままで

    等身大の歌詞を綴ったミドルバラードから、言葉遊びが印象的なライブ感溢れるアッパーチューンまで表情豊かな全12曲を詰め込んだデビュー作!

  • あいについて

    2022年は、1st EP・1stシングル・ファーストアルバムなど続けざまに発表していき、同世代バンドの中では一頭地を抜けた存在感を魅せた帝国喫茶が1月のシングルリリースから立て続けにEP『あいについて』をリリース。何も事前に決めずとも全曲が愛というテーマへと自然に導かれた今作は、ボーカルフロントマン杉浦祐輝が自身初となるリードナンバーの作詞作曲を手掛けた先行配信楽曲『君が月』、バンドのメインメロディーメーカーを務めるベースの疋田が自身の好きなオルタナティブサウンドを落とし込めた『ラブソング』を含む4曲を収録。帝国喫茶ならではの"あいの要素"が詰まったジャケットデザインは、バンドのクリエイティブまわりを担当するギターアクリによる描き下ろしとなっている。

  • Demon's Melody

    Yvngboi P 『Demon's Melody』

  • Candemic

    1st Album「Candemic」

  • ゆくへ

    アンビエント、フォークトロニカ、シューゲイザーなどを基調とした全曲自身オールプロデュースの2nd EP『ゆくへ』

From "OTOTOY NEW RECOMMEND"

Updated weekly 
  • Flowers

    アルバム『KNO WHERE』から約1年4カ月ぶりとなる OKAMOTO’S 初のメンバーコラボレーションアルバム『Flowers』のリリースが決定!OKAMOTO’S の楽曲の多くは、ヴォーカルのオカモトショウ、ギターのオカモトコウキが担当しているが、今作のコラボレーションアルバムでは、ドラムのオカモトレイジとコウキ制作「Flowers」やベースのハマ・オカモトとショウ制作「オドロボ」等、初のメンバー内コラボレーションを試みた楽曲が収録されている。

  • 七階から目薬

    五感を通してひとつの世界を表現する二人組オルタナ的藝術徒党 "文藝天国"。 2023年最初のシングル「七階から目薬」は、前作の「破壊的価値創造」からは一転、スローテンポで音数も控えめにゆったり曲が進行するなかシンプルながらもこだわりのロックサウンドと美しいワードセンスの歌詞が散りばめられた一曲。

  • またね

    テレビ東京系アニメーション「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」エンディングテーマ

  • TIME LEAP

    佐藤千亜妃、EP『TIME LEAP』をデジタル・リリース。 今作のEPは“時間旅行”がテーマとなっており、楽曲ごとに時間旅行をしているような、時代を切り取ったサウンドメイクと、過去を回想するリリックで構成された作品となっている。新たな音楽性へのチャレンジで独自のサウンドスケープを築き始めた彼女の最新EPは、ビートメイクを基調としたサウンドを軸に制作。現在進行系のビートミュージックをクリエイトするプロデューサーやアレンジャー陣を迎えた確かなサウンド・プロダクションに加え、佐藤千亜妃が注目するアーティストとのコラボも実現した全5曲を収録。

  • find the light

    RecordingEngineerに池田 洋氏(hmc studio)を新たに迎え、バンドの新しい可能性を探求したtiny yawn3作目のミニアルバム。

  • タオルケットは穏やかな

    カネコアヤノがフルアルバムをリリース。前作『よすが』から約1年9ヶ月ぶりとなる今アルバムは、4月にリリースした配信シングル「わたしたちへ」の再録を含む全10曲を収録。 アーティスト写真とジャケット写真は横浪修、デザインは森山真至(CLASS)が担当している。

  • Works.ep

    4連作epプロジェクトの3作目にあたる『works.ep』は、繊細なソングライティングはそのままに、打ち込みやシンセサウンド、ダンスミュージックを感じさせるビートを取り入れ、バンドとしての新たな可能性を模索した挑戦的な作品。それに加え、活動初期に一度だけ演奏されていた曲“cry for the moon”を含む全3曲。

  • ボーイ・フッド

    mekakushe、2枚目のアルバム『あこがれ』より「ボーイ・フッド」

  • Love (feat. Skaai)

    昨年、3rd Full Album「YonawoHouse」をリリースし全国12都市を巡るツアーも軒並みソールドアウトするなど注目を集めるyonawo。キャリア初となる日比谷野外大音楽堂でのワンマン公演を控える中、盟友Skaaiを再び迎えた、ストレートなラブソングをリリース!

  • Runnin' (feat. Sagiri Sól)

    DJ/プロデューサー2人によるユニットYOSA & TAARがニュー・シングル『Runnin’ feat. Sagiri Sól 』を1月25日(水)に配信リリース。 本作はプロデューサーとしてはもちろん、DJアクトとしても様々なフェスに出演するなど活躍の場を広げているYOSA & TAARが、東京を拠点に活動する日本とアイスランドをルーツに持つR&BシンガーSagiri Sólをフィーチャリングし生まれた1曲。YOSA & TAARによる浮遊感たっぷりのハウス・ビートとSagiri Sólの切なくも力強いボーカルが心地よく調和されている。

  • ルードルーズダンス

    アニメ「終末のワルキューレII」主題歌オープニングテーマ

UPCOMING

ワーナーミュージック、ロスレス配信中!
キングレコード、ロスレス配信中!

Articles

View More 
  • ロスレスとは~音の違いを聴き比べよう~

    コラム
  • パピプペポは難しいワンマンライブ2023〈フラッシュバック〉at Zepp DiverCity

    ライヴレポート
  • 耳慣れないよ、“ディフィニティヴ”──〈アーカイ奉行〉第6巻

    連載
  • 【ライヴレポート】坂本龍一、すべての日々を音にのせて。“いま”を生きる証を刻む〈Playing the Piano 2022〉レポート、そして新作アルバム『12』

    ライヴレポート
  • 【PIGGS、とらえる vol.21】プー・ルイ、野音直前に素直な気持ちを語る

    インタヴュー
  • 【豆柴の大群 連載vol.1】ナオ・オブ・ナオが語る、第二章への決意

    インタヴュー
  • 先週のオトトイ(2023年1月30日)

    連載
  • 再結成を果たしたuijinが甦らせた、「あの頃」の景色──uijin主催イベント at 新宿BLAZE

    ライヴレポート
  • 【PIGGS、とらえる vol.20】PIGGS、2023年は勝負の年に!──そして、SHELLMEは正直な気持ちと葛藤を語る(PIGGSみくじあり)

    インタヴュー
  • YAYYAYワールドをさらに広げていく──フリーダムな制作スタイルから生まれる世界観

    インタヴュー
  • 届け、かけがえのない『日々』──開歌-かいか-が紡ぐ7曲の物語

    インタヴュー
  • 戦慄かなのが作り上げた、唯一無二のファビュラスな楽園──ソロワンマンライブ2023〈Solitary〉

    ライヴレポート
  • 家入レオが『火狩りの王』OPテーマに込めた希望の光

    インタヴュー
  • いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

    インタヴュー

Merch at OTOTOY

View More 
  • OTOTOY PREMIUM

    「OTOTOY PREMIUM」に加入し『PREMIUM会員』になると4つのサービスが受けられます。 ①ポイント還元率アップ、②「ハイレゾプレイバック」が使用可能に、③誕生月にはもれなくプレゼントが、④抽選で特製レア・グッズも。そして『PREMIUM会員』から『SUPER PREMIUM会員』へとランクアップするとさらなるサービスが!

    ¥ 1,000

  • OTOTOY T-shirt(ブラック/ポケット無し)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,500

  • OTOTOY T-shirt(ホワイト/ポケット有り)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,600

  • AVIOT TE-D01g-BK(ブラック)

    日本発のオーディオブランド、AVIOTからクラスを遥かに凌駕する高音質とハイスペックを両立し、手のひらに収まる小型化を実現した完全分離型のワイヤレス・イヤフォン「TE-D01g」

    ¥ 7,980

  • OTOTOY Sticker ハガキサイズ

    OTOTOYロゴをハガキサイズに詰め込んだステッカーです!ロゴのまわりがハーフカットされているので、ひとつずつめくって貼ることができます。屋外で1年程度の耐候性があります(使用環境によって変動します)。

    ¥ 350

  • OTOTOY CARD

    OTOTOY内で使用可能なポイントがチャージ可能なカード。 家族やお友達に、お祝いなどの様々なシーンで贈り物としてご利用出来ます。 ポイントの使用期限はございませんので、OTOTOYが持つ30万以上のタイトルがいつでも好きな時に、好きな楽曲を購入可能です。

    ¥ 2,000

Trending

Best Sellings

View More 

Top Artists

View More 

Most Played Albums

  • Isosceles (M@STER VERSION)

    イベント「LIVE Parade」での新楽曲が配信スタート!

  • 結束バンド

    TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』の劇中バンド≪結束バンド≫がリリースするフルアルバム!!バンドものならではの拘ったOP/ED曲、劇中歌も好評の中でのリリース!

  • カネコアヤノ 単独演奏会 2022 秋 - 9.26 関内ホール

    カネコアヤノ、2022年9月26日に神奈川県横浜市の関内ホールにて開催されたワンマンライヴの模様を収録した音源『カネコアヤノ 単独演奏会 2022 秋 - 9.26 関内ホール』をリリース!

  • Afternoon Chill Piano

    午後の落ち着きの時間を演出するチルなピアノコレクション。ここ最近、音楽以外でも「チル」という言葉は一般的になってきた。もともとはヒップホップ用語の「チルアウト(chill out)」が語源で、「くつろぐ・まったりする・落ち着く」などを意味する言葉として使用されている。特に目的はなくとも、楽しくのんびりやる…それが「チル」だ。今作『Afternoon Chill Piano』は、午後のまったりとした時間を演出してくれる、「チル」な環境を作り出してくれるピアノコレクション。最近はSNS映えや広がりすぎた人間関係などで疲労を感じる人も多く、癒しを求める人は後を絶たない。そんな一人時間を満喫するためには、今作のチルな感じは最適といえよう。

  • ジャックジャンヌ VOCAL COLLECTION

    V.A.

    Nintendo Switch用ソフト『ジャックジャンヌ』内に登場するすべての歌曲に、オリジナルオフボーカルを含む計40トラック(3枚組)を収録したアルバム。主人公たちがユニヴェール歌劇学校で行う「公演」の歌曲が今回、初のフルサイズにて収録されているほか、メインキャスト7人で高らかに歌い上げるオープニング曲、ルートごとに歌唱者の変わるエンディング曲(全7種)など、本作における「歌曲」を完全網羅。ジャケットは、石田スイによるゲーム内「公演」イラストを多数あしらったスリーブケース仕様。

TOP