News

2024/02/07 18:00

 

downt、1stフル・アルバムのリリースが3月6日に決定、先行配信曲「Whale」は本日配信スタート

 

downt、待望のニュー・アルバム『Underlight & Aftertime』のリリースが3月6日に決定した。

オルタナ、エモ、インディーロック、もはやカテゴライズはいらない存在感でジャンルの境界線を風通しよく越えて拡がり続けるdownt。2024年、遂に1stフル・アルバムのリリースが決定した。精力的なライヴ活動や海外アーティストとの共演を経て、大作「13月」で見せた新機軸をさらに深化・アップデートさせた、世界基準のバンド・サウンドが今ここに。

今新作には、終わりからの始まりを告げるような推進力を持った先行シングル曲「Whale」(ウェイル)、儚さと揺るぎのない力を秘めたバンドとしてのあらたな新機軸と確かな予感を感じさせた8分を超える大作シングル「13月」に加え、その先に向かうバンドの新たなステージを見せつける新曲たち、さらに、処女作『downt』に収録の「111511」「mizu ni naru」「AM4:50」といった、ライヴでは既に定番となっている曲も新たに録音し収録。2023年を通じて行ってきた精力的なライヴ活動、そして数多くの海外アーティストとの共演を経て、シーンにおける存在感を急上昇させてきたdownt。バンド初となる待望のフルレングス・アルバムをもって、日本、そして世界の音楽シーンに殴り込みをかける。

2021年の結成以来東京のライヴシーンを中心に活動し、一躍エモ、オルタナのライヴハウス・シーンにて注目を集める存在になったdownt。『SAKANA e.p.』のリリースやFUJI ROCK FESTIVAL '22 “ROOKIE A GO-GO” への出演、UKのレーベルDog Knightsからの編集盤レコード『Anthology』のワールドワイドでのリリース (即完売) 等、その名を各所に響かせた2022年。そしてSYNCHRONICITYやMINAMI WHEELといった大型サーキットへの出演、ゲシュタルト乙女 (台湾)、Grrrl Gang (Indonesia)、Pswingset (US)、deathcrash (UK) といった多くの海外アーティストとの共演、バンドとしての新機軸を見せた大作「13月」のリリースとその活動にさらに広がりを見せた2023年。年月と共に着実にステージを上げてきた彼らの待望となるフル・アルバムが待ち遠しい!

リリース情報
downt 1st Full Album
『Underlight & Aftertime』

リリース日 : 2024年3月6日 (水)
品番 : PCD-25384
定価 : ¥2,750 (税込)
収録曲 :
1. underdrive
2. Whale
3. AM4:50
4. prank
5. Yda027
6. 煉獄ex
7. mizu ni naru
8. 8/31(Yda011)
9. 紆余
10. 111511
11. 13月

ツアー情報
"downt Release Show"

2024年3月22日 (金) 東京・新代田LIVE HOUSE FEVER
2024年3月30日 (土) 名古屋・新栄シャングリラ
2024年3月31日 (日) 大阪・心斎橋LIVE HOUSE Pangea

ライヴ情報
SYNCRONICITY ’24
2024年4月13日 (土) & 4月14日 (日) 渋谷
*downtの出演は13日 (土)

アーティスト情報
downt

富樫ユイ - Guitar, Vocal
河合崇晶 - Bass
Tener Ken Robert - Drums

X (Twitter) : @downtband
Instagram : @downt_japan

Profile
2021年結成。富樫ユイ (トガシユイ) [Gt&Vo]、河合崇晶 (カワイタカアキ) [Ba]、Tener Ken Robet (テネール・ケンロバート)[Dr] の3人編成。東京をベースに活動。緊迫感のある繊細且つ大胆な演奏に、秀逸なメロディセンスと情緒的な言葉で綴られ、優しく爽やかな風のようで時に鋭く熱を帯びた歌声にて表現される世界観は、風通しよくジャンルの境界線を越えて拡がりはじめている。同年10月、1st『downt』(CD&CT共に完売) をungulatesよりリリースし瞬く間に、FLAKE RECORDSやHOLIDAY!をはじめレコードショップやディストロにて話題となり、一躍エモ、オルタナのライヴハウス・シーンにても注目を集める存在に。

昨年6/22に新作EP『SAKANA e.p.』をリリース、そして7/21より東・名・阪のリリースツアーを開催し全公演SOLD OUTに。7/22には1stとEPの編集盤レコード『Anthology』をリリース (即完)。2022年夏、初の野外フェスとしてFUJI ROCK FESTIVAL ’22 “ROOKIE A GO-GO” のステージをはじめ各所の野外フェスへも出演し、大勢の初見のオーディエンスを前に、強く印象づけるライヴ・パフォーマンスにてそれぞれの会場を沸かし虜にさせた。2023年1月より自主企画「Waste The Momonts」をスタート。第一回目は1/15(日)下北沢SHELTERにて明日の叙景、第二回目は3/25(土)にSubway Daydream、そして6/7にバンドとしての新機軸となる8分半超の大作「13月」を含む、今年初の新作『III』をリリースし、リリースに併せ自主企画・第三回目は6/10(土)下北沢SHELTERにてDENIMSを迎え開催し3公演チケットは全てSOLD OUTに。

春より、IMAIKE GO NOW、SYNCHRONICITY、hoshiotoなど各地サーキット、野外フェスへの出演、YATSUI FESTIVAL、GFB‘23 つくばロックフェス、新世界フェスなど夏フェスまで各所に出演し、くだらない1日との共催による名・静・東でのショートツアーも開催し、そして今秋MINAMI WHEELへも初出演した。また、Pswingset (US)、Football, etc. (US)、soft pine (Thailand)、ゲシュタルト乙女 (台湾)、Grrrl Gang (Indohesia)はじめ、deathcrash (UK)、motifs (singapore)など海外アーティストとの公演も精力的に行っている。2024年年明け早々1/4Apes企画の新宿Marble&Marz二会場で開催される企画や1/16@心斎橋Pangeaでのニューカマー企画、そして名古屋のIMAIKE GO NOW、渋谷のSYNCHRONICITYなどサーキットフェスへの出演も決定している。

[ニュース] downt

あわせて読みたい


TOP