How To Buy
TitleDurationPrice
ムーンライト (feat. 七尾旅人)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:46
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:46

Discography

Pop

スモーキーな歌声と、ビザールギターの爪弾きで現在進行形のシティ・ポップを紡ぐシンガーソングライター「大比良瑞希」待望の4th アルバムが遂に完成。アルバムタイトルは、『Howling Love』。澤部渡(スカート)、CHICO CARLITO 、butaji、直枝政広(カーネーション)、小川翔(LAGHEADS)、中村泰輔、等 豪華個性派プロデューサー/アーティストとのコラボレーションを中心とする全10曲収録。

10 tracks
Pop

大比良瑞希が、沖縄県那覇市出身のラッパー「CHICO CARLITO」をフューチャリングに迎えたニューシングル「理想の沼 (feat. CHICO CARLITO)」をリリース。4thアルバムをリリースするに向けて、様々な豪華アーティストと共に制作・コラボを進める中、アルバムリリース前に最後の先行シングルでタッグを組んだのは、THE FIRST TAKEでも話題となった「LONGINESS REMIX」/「RASEN in OKINAWA」等での客演参加、そして先日6月に自身も3rdアルバムを発売するなど大活躍中の、沖縄県那覇市出身のラッパー"CHICO CARLITO"。かつてAwich「Come Again」の作曲も務めた中村泰輔のトラック上で、CHICO CARLITOと大比良瑞希がセッションし生まれた本作品「理想の沼 (feat. CHICO CARLITO)」は、タイトなビートと山本連が奏でる生ベースの上で2人が絡み合う、アダルトなネオソウルナンバー。「沼る」というワードを軸に展開され、ライミングが光るリリック。CHICO CARLITOのフロー。大比良瑞希の湿度を持ちながらも伸びやかなヴォーカルが連鎖し、90's ネオソウルの名作を彷彿とさせる仕上がりとなっている。ブラックミュージックを愛するすべてのリスナーに""沼ってほしい"意欲作。

1 track
Pop

大比良瑞希も参加する七尾旅人バンドのメンバーかつ、現在のJ-POP〜JAZZ シーンにおいて、最も注目される若手実力派ミュージシャンが結集したスーパーJAMPOPバンド『LAGHEADS』のギタリストでもある、小川翔を編曲・プロデュースとして迎え 大比良自身が作詞作曲した、軽快なサマーチューン「I WANNA 罠? 」が完成。大比良が作詞作曲した今作『 I WANNA 罠? 』は、男女の恋愛のチェイス・駆け引きをテーマに作詞され、軽快なメロディ/ギターフレーズ、そしてエスニックなギターソロにトラップ調のブレイクなど、様々な”罠”が施された内容。コラボ中の、福島在住の若きイラストレーター「矢吹純」のキュートなジャケットにも要注目だ。

1 track
Pop

リリースに合わせた、4か月連続での自主企画ライブなど精力的に活動するシンガーソングライター"大比良瑞希"。 『Love On A Two-Way Street』と表した3か月連続開催のツーマン弾き語りライブ企画と連動し、コラボ楽曲を立て続けに豪華アーティストと制作する中、第2弾として”butaji”とのコラボSGを7月にリリースする。ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』主題歌「Presence」他 卓越した作曲センスを見せ、自身もソロ名義/Mirage Collective/butasakuとしてリリース・ライブと大活躍するbutaji。彼が作詞作曲した今作『いとしさ』は、敬愛するビージーズを彷彿とさせるポップなメロディ/圧巻のコーラスワークが輝きを見せながら、リリックでは、愛する2人が離れ各々の道に進んでいくような、どこか名残惜しさ・恋愛の哀愁を感じさせる内容。 昨年リリースされた、盟友 七尾旅人とのデュエットソング「ドンセイグッバイ」のアンサーソングとも言える恋愛の持つ、切なさ悲しさを、卓越したポップセンスで包み込んだ必聴の名曲がここに完成した。

1 track
Pop

様々な愛の形をテーマに、意欲的なリリースを重ねる次世代型シンガーソングライター"大比良瑞希"。 コロナ禍を超え、冬を越え、新たな始まりを迎えるシーズンにリリースする新曲"Jam"は音楽シーンの中で存在感をさらに増す、今年結成40周年のロックバンド「カーネーション」からVo,Gt”直枝政広”を作詞作曲・プロデュースに迎えたコラボ作品。緻密な構成ながらも、ホーンを含むフルバンドで紡ぐ力強いサウンドに、大比良瑞希の伸びのある歌声・ギターアプローチが融合。物憂げな日常を切り取りながらも、背中をひと押しするリリック。

1 track
Pop

前作SG「TRUE ROMANCE」に続き、大人の恋愛をテーマにしたラブソング「LOVEBIRDS」は昨今世界的にリバイバルの兆しを見せる、UKガラージポップのテイストを取り入れた意欲作。 自らが爪弾くエレキギターのリフを中心に、オーガニックながらもメロディアスなサウンド。英語と日本語が交錯する淡い歌詞世界、タイトなビートアプローチが融合し、ピンクパンサレスが唱える「ニューノスタルジック」を彷彿とさせる「ジャパニーズ・ニューノスタルジック」的作品 がここに誕生! 作曲とプロデュースは、前回SGに続き Awich、milet等 数々のアーティストの楽曲を手掛け、自身も音楽ユニット 「THE BLACKBAND」として活動する、中村泰輔。 作詞は大橋トリオの楽曲を中心に作詞を手がけ、 現在はカナダ在住のmiccaが手掛けている。 福島県在住の新進気鋭のイラストレーター、JUN YABUKI によるジャケットにも注目!

1 track
Pop

七尾旅人との珠玉のソウル・デュエットソング「ドンセイグッバイ」も話題となり、2022年はFUJI ROCK FESTIVALやりんご音楽祭などにも出演し、大きく躍進する大比良瑞希。「11月3日レコードの日」に、人気クリエイターとのコラボレーションを実現させた3rdアルバム『Little Woman』のアナログ盤のリリースも控える中、アナログ発売を記念して、西日本の5カ所を廻るエレキギター弾き語りセットツアーもスタートする中、ツアーに連動したシンプルなギター・サウンドをテーマにした新曲『TRUE ROMANCE』を11月16日に早くも配信決定。Awich、milet、エミ・マイヤー等数々のアーティストの楽曲を手掛け、いしわたり淳治、野村陽一郎と共に結成した音楽ユニットTHE BLACKBANDのボーカリストでもある音楽クリエイター、中村泰輔(ナカムラダイスケ)が作曲とプロデュース、作詞は大橋トリオの楽曲を中心に作詞を手がけ、現在はカナダ在住のmiccaが手掛ける。大比良本人が爪弾くエレキギターの響きを中心にアレンジされたオーガニックで洗練された清涼感を有した90年代ムード溢れるサウンドに、miccaの手による英語と日本語が目まぐるしく交錯する甘酸っぱい恋に揺れる心模様を瑞々しく描き出す歌詞世界が融合し、まさに2022年最新型のラヴ・ソングが誕生。福島県在住の新進気鋭のイラストレーター、JUN YABUKIによる素晴らしいドローイングによるジャケットにも注目。

1 track
Pop

まるでジェフ・バックリーみたいにエレキを爪弾く弾き語りスタイルのライヴが印象的な現在進行形のシティ・ポップ、シティ・ソウルを紡ぐ次世代型シンガーソングライター、大比良瑞希。 約1年9ヶ月ぶり、待望の3rdアルバム『Little Woman』をいよいよ3月30日にリリース。 既にリリースされている『遠回り』『ダージリン』『HOLIDAY』『How many』をはじめ、2022年2月に配信されたばかりのプロデューサー野村帽子自身が再構築した極上のリミックス・チューン『ダージリン (Bousi Studio Remix)』、さらにはアルバム初収録曲として藤井風をはじめ、さまざまなアーティストの作曲や編曲、プロデュースを務めるYaffle(ヤッフル)プロデュース&共作による問題作、本アルバムのリードトラックでもある魂を揺さぶるキラー・チューン『33歳のエンディングノート』!そしてYaffleと小袋成彬によるTOKAが昨年開催した「TOKA Songwriting Camp」でのChochoholicと大比良のコライトセッションから誕生したバレアリックな楽曲『NIGHT LINE』。さらに以前、大比良バンドのバンマスを務め、自身もチェリストとして活躍する伊藤修平をプロデュースに、盟友、showmore根津まなみ作詞による『見えないブルー』とそのリミックス・ヴァージョン『見えないブルー(SUGAR HILLS REMIX)』を加えたヴァラエティに富んだ全9トラック。また昨年の『遠回り』以降全てのシングル・ジャケットでフィーチャーされた独特の存在感を有したとても印象的なぬいぐるみは、そのインスタグラムが内外のアーティストを中心に話題となり俄然注目を集める新進気鋭のぬいぐるみ作家、Nuiguruの手によるオリジナルの作品を使用している。独学でぬいぐるみ制作をはじめ、オリジナルのデザイン画から全て彼女一人の手作業のみでクリエイトされたという謎の生物とでも言うべきキュートでストレンジなクリーチャーの毒気のあるその表情が『Little Woman』の世界に更なる余韻をもたらしている。 そしてジャケット・デザインはアルバム 『IN ANY WAY』と同じく、スチャダラパー、NONA REEVES、ASA-CHANG & 巡礼、ナツ・サマーらのカヴァー・アートやマーチャンダイズを手がける田口 陵(CIDER INC.)による。"

9 tracks
Pop

大ヒット・コンピレーション「HONEY meets ISLAND CAFE」の最新アルバム「Sea of Love 6」からの先行シングルリリース! 2020年、HONEYの配信ライブへの出演やDJ HASEBE作品への客演参加で、HONEY読者にもその存在感を高めたシンガーソングライター大比良瑞希の夏にぴったりの新録カバー・トラック! オリジナル・ラブの夏ソング「ヴィーナス」を、ロックステディ・バンドFRISCOのキーボーディストHatayoungによるラヴァーズ・レゲエなアレンジでカバーしてくれました! 90s、ラヴァーズ・レゲエ、そしてシティポップのフレイヴァーを感じる夏仕様の心地良いカバートラック。

1 track
Pop

tofubeats、LUCKY TAPES、Alfred Beach Sandal×STUTS、Awesome City Club等の作品やライブへの参加でも知られるように様々なアーティストから愛される、まさにミュージシャンズミュージシャンとでも言うべき次世代型シンガーソングライター、大比良瑞希! 約4年ぶり! 待望の 2nd アルバムが遂に完成! プロデューサーの伊藤修平、キーボード:井上惇志(showmore)等お馴染みの大比良バンドの面々によるスモーキーでグルーヴィな極上R&Bチューン「Eternal My Room」等の自作曲を筆頭に、七尾旅人、tofubeats、蔦屋好位置などの豪華提供陣の楽曲も。弾き語り2曲、フロアー・ライクな新録リミックスを加えたキラー・チューン満載の全曲12曲! FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、りんご音楽祭、GREENROOM FESTIVALなど大型フェスへの出演も多数。次世代型シンガーソングライター、大比良瑞希の2020年を代表するまさに現在進行形シティポップのマスターピース! 彼女のベスト・オブ・ベストとでも言うべきヴァラエティに富んだ最高傑作!

12 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

大比良瑞希ツーマン弾き語りイベント最終発表ゲストに butaji決定

大比良瑞希ツーマン弾き語りイベント最終発表ゲストに butaji決定

大比良瑞希が開催する、ツーマン弾き語り企画イベント〈Love On A Two-Way Street〉の最終発表ゲストとして butaji の出演が決定した。 本イベントは2023年5月25日(木)の東京公演を皮切りに最終日の大阪公演まで3か月連続で行わ

〈塩原温泉 箒川ミュージックジャンボリー’23〉最終発表で大比良瑞希、THREE1989出演決定

〈塩原温泉 箒川ミュージックジャンボリー’23〉最終発表で大比良瑞希、THREE1989出演決定

2023年 5月13日(土) 栃木県那須塩原にて開催される、家族みんなで楽しめる新たな音楽祭〈塩原温泉 箒川ミュージックジャンボリー’23〉。 本日、最終追加アーティストとして大比良瑞希、THREE1989の出演が発表された。 この発表により、全12組の

明日配信のオンライン・チャリティライヴ『CIRCUS FES FINAL』よりライヴ写真公開

明日配信のオンライン・チャリティライヴ『CIRCUS FES FINAL』よりライヴ写真公開

明日4月24日(土)に配信される『CIRCUS FES FINAL - Online Charity Live at CIRCUS -』より、イベントに出演する大比良瑞希、Kuro (TAMTAM)、中野陽介(Emerald)、NakamuraEmi、根

オンライン・チャリティライヴ『CIRCUS FES FINAL』4/24配信決定

オンライン・チャリティライヴ『CIRCUS FES FINAL』4/24配信決定

コロナウイルス感染拡大の影響を受け4月末をもって閉店することとなった下北沢のダイニングバー・サーカスで、『CIRCUS FES FINAL』が開催される。 「CIRCUS FES」はシンガーソングライター・Nozomi Nobodyとshowmore V

大比良瑞希の“Eternal My Room”が『もしや不愉快な少女』ED曲に決定

大比良瑞希の“Eternal My Room”が『もしや不愉快な少女』ED曲に決定

門真国際映画祭やヤングシナリオ大賞などでも受賞を重ね、各所で話題沸騰中の17歳の映画監督シタンダリンタの最新作『もしや不愉快な少女』がYoutubeにて12月18日(金)20時より無料公開される。 今作は、未成年であったが故の理由でどん底に落ちてしまった

『Save Our Place』第5弾でNakamuraEmi、大比良瑞希、倉内太&四万十川友美らの未発表音源、計8作品が配信開始

『Save Our Place』第5弾でNakamuraEmi、大比良瑞希、倉内太&四万十川友美らの未発表音源、計8作品が配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第5弾となる作品が、本日4月30日(木)にリリースされた。 今回も、新作アルバムをそのまま『Save Our Place』に当ててくれたゆーきゃんや聞き応え抜群の『NEPO / ヒソ

View More News Collapse
大比良瑞希、アルバムから先行配信第四弾‶甘い涙”をデジタル・リリース

大比良瑞希、アルバムから先行配信第四弾‶甘い涙”をデジタル・リリース

tofubeats、LUCKY TAPES、Alfred Beach Sandal×STUTS、Awesome City Club等の作品やライブへの参加でも知られるように様々なアーティストから愛される次世代型シンガーソングライター、クールネスとパッショ

新成人参加無料音楽イベント〈ASAKUSA MUSIC DISTRICT〉今週末開催

新成人参加無料音楽イベント〈ASAKUSA MUSIC DISTRICT〉今週末開催

東京・浅草九劇で行われる新成人参加無料の音楽イベント〈ASAKUSA MUSIC DISTRICT〉の開催が今週末、1月12日(日)・13日(月・祝)に迫った。 〈ASAKUSA MUSIC DISTRICT〉が行われる浅草九劇は浅草の雷門や浅草寺の少し

大比良瑞希、ディストーション・ギターのリフが新境地へと誘う新曲「SAIHATE」をデジタル・リリース

大比良瑞希、ディストーション・ギターのリフが新境地へと誘う新曲「SAIHATE」をデジタル・リリース

透明感を感じさせながらも情熱的、一度聴いたら忘れられない個性的な歌声を持ち、高感度な音楽リスナーを魅了するシンガーソングライター・大比良瑞希が、2月にリリースした「ミントアイス」に続くオリジナル楽曲「SAIHATE」(サイハテ)を本日4月3日にデジタル・

大比良瑞希、ポジティヴでハートウォーミングな新曲「ミントアイス」をデジタル・リリース

大比良瑞希、ポジティヴでハートウォーミングな新曲「ミントアイス」をデジタル・リリース

透明感を感じさせながらも情熱的で、一度聴いたら忘れられない個性的な歌声を持ち、高感度な音楽リスナーを魅了する次世代型シンガーソングライター・大比良瑞希が、本日2月27日、オリジナル楽曲としては約1年4ヶ月ぶりの新曲「ミントアイス」をデジタル・リリースした

3月6日に1st Full Albumのリリースが決定している浪漫革命がツアーの詳細とジャケットを解禁

3月6日に1st Full Albumのリリースが決定している浪漫革命がツアーの詳細とジャケットを解禁

結成わずか1年未満で数々のフェスやサーキットに出演、今までに2枚のCDをリリースしてきた京都の新鋭バンド・浪漫革命。 そんな彼らが2019年3月6日に発売予定の『NEW ISLAND ROMANCE』よりジャケット・デザインの公開とリリース・ツアーの詳細

Poor Vacation、1stアルバムリリパにOrangeade、pavilion xool ×パソコン音楽クラブ柴田の特別ユニット出演が決定

Poor Vacation、1stアルバムリリパにOrangeade、pavilion xool ×パソコン音楽クラブ柴田の特別ユニット出演が決定

昨年11月28日に1stフル・アルバムをリリースした"次世代シティポップ・グループ"Poor Vacationが、アルバムのリリース・パーティーを2019年2月24日(日)、渋谷・7th Floorで開催する。 共演にはすでに発表されているOkada T

Poor Vacation、大比良瑞希や柳澤豊(MONO NO AWARE)らを迎えた特別編成での1stアルバム・リリースパーティー開催、
共演にOkada Takuro(band set)

Poor Vacation、大比良瑞希や柳澤豊(MONO NO AWARE)らを迎えた特別編成での1stアルバム・リリースパーティー開催、 共演にOkada Takuro(band set)

11月28日に1stフル・アルバムをリリースした"次世代シティポップ・グループ"Poor Vacationが、アルバムのリリースパーティーを2019年2月24日(日)、渋谷・7th Floorにて開催することが分かった。 共演にはOkada Takuro

"縁を繋ぐ"野外音楽フェス〈SHAKE HANDS〉に環ROY、大比良瑞希、Emeraldら

"縁を繋ぐ"野外音楽フェス〈SHAKE HANDS〉に環ROY、大比良瑞希、Emeraldら

“縁を繋ぐ”野外音楽フェス〈SHAKE HANDS - Unite the Community -〉が11月3日に東京・上野恩賜公園の野外ステージで開催される。 〈SHAKE HANDS(シェイクハンズ)〉は、ライブミュージックとDJによるパフォーマンス

Poor Vacation、“平成最後のアーバン・ポップ・スタンダード”となるアルバムをリリース

Poor Vacation、“平成最後のアーバン・ポップ・スタンダード”となるアルバムをリリース

Poor Vacationが、2018年11月28日(水)に1stアルバム『Poor Vacation』をリリースすることが決定した。 Poor Vacationは、洗練されたメロディとほろ苦いロマンティシズムを宿した、楢原隼人率いる次世代の都市型ポップ

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム先行配信スタート

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム先行配信スタート

シンガーソングライター、大比良瑞希の1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』の先行配信が7月1日よりOTOTOYにてスタートした。 大比良は自ら率いるバンド、ヘウレーカを2014年7月に休止後、2015年よりソロ活動を開始。ミニ・アルバム『LI

Collapse

Articles

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー

インタヴュー

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー

ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希…