How To Buy
TitleDurationPrice
アコースティックス  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:49
起点  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:00
フラッペ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:57
RAW TOWN  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:55
ハミング  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:28
テレポート  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:53
クリーム貝塚  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:48
ストローク  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:09
ニュー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:35
TIME  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:00
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 41:34
Album Purchase Privilege

booklet.pdf
Album Info

蓮沼執太、歌う。電子音楽家からキャリアをスタートさせ、空間音響作品や舞台のための音楽などを多数手がけた蓮沼執太が生み出した純然たるポップソング集。2015年の今をキャンパスに描いた10の珠玉のメロディーズ。今作の発端は、2015年4月に Billboard Live Tokyo で行われたコンサート『メロディーズ』。前年となる2014年は、春に蓮沼執太フィルとしてアルバムリリース&全国ツアーをまわり、5月からニューヨークにに渡り半年間、現地に滞在。帰国後初となる蓮沼執太のソロ公演として、ゲストヴォーカリストとして招いたイルリメ、木下美紗都、Phew、高野寛らへ宛てた新曲を含む、全曲新曲書き下ろし公演にチャレンジしました。その流れを汲んだ今作は、ゲストヴォーカリスト無し。全編、蓮沼執太が歌を担当する、初の試み。ポップソング集でありながら、一般的なシンガーソングライターとは異なったキャリアを持つ蓮沼だからこそ音響作品としても通用するようなアルバムに仕上がっています。『メロディーズ』コンサート参加バンドをベースに、フルート、ハープ、ストリングスをちりばめた、これまでのソロ諸作や蓮沼フィルとも異なる編成。ビートコンシャスでありながら、ふくよかでたおやか。歌に焦点を当てながら、無限にひろがりゆく音響空間。蓮沼執太がポップスの最前線を提示します。

Note

アルバム購入特典として、蓮沼執太の手書きサイン入りデジタル・ブクレットが付属します。

Discography

Pop

蓮沼執太のソロプロジェクト続編、新曲「one window」2023年12月15日(金)リリース

3 tracks
Pop

蓮沼執太のソロプロジェクト続編、新曲「one window」2023年12月15日(金)リリース

3 tracks
Pop

コロナ・パンデミック以降、NYブルックリンから東京へと拠点を移した蓮沼執太は、蓮沼執太フィルでの活動はもちろんのこと、アート作品の展示から映画、ドラマ、テレビなどの劇伴まで、国内外の芸術分野を縦横無尽に活動している。そんな躍進の中で、じっくりとマイペースに"純粋に自分のための音楽"として作り続けていたのが、このアルバムである。制作期間5年の間、蓮沼執太自身が奏でた音、集めた音、場所や人々との記憶、記録がすべて収録されている。その音は、器楽音から非楽器と電子音、そしてフィールド・レコーディングまで。あらゆる音を等価に扱う事で『unpeople』という作品をアート・ミュージックとして、まとめあげている。

14 tracks
Pop

コロナ・パンデミック以降、NYブルックリンから東京へと拠点を移した蓮沼執太は、蓮沼執太フィルでの活動はもちろんのこと、アート作品の展示から映画、ドラマ、テレビなどの劇伴まで、国内外の芸術分野を縦横無尽に活動している。そんな躍進の中で、じっくりとマイペースに"純粋に自分のための音楽"として作り続けていたのが、このアルバムである。制作期間5年の間、蓮沼執太自身が奏でた音、集めた音、場所や人々との記憶、記録がすべて収録されている。その音は、器楽音から非楽器と電子音、そしてフィールド・レコーディングまで。あらゆる音を等価に扱う事で『unpeople』という作品をアート・ミュージックとして、まとめあげている。

14 tracks
Pop

蓮沼執太、ニューアルバム『unpeople』より「Emergence」

1 track
Pop

蓮沼執太、ニューアルバム『unpeople』より「Emergence」

1 track
Pop

蓮沼執太のソロ・プロジェクトより、最新作「Sando」(読み:サンド)が7月21日(金)リリースが決定。この楽曲はKOM_Iと和楽器・笙(しょう)演奏家の音無史哉が参加。楽曲に通底している笙と蓮沼によるシンセサイザーの響き、そしてKOM_Iによる優しくおおらかな声が楽曲世界を包み込んでいる。音無は蓮沼執太フィルのメンバーでもあり、カナダはバンクーバー出身のアンビエント作曲家ティム・ヘッカーのツアーや楽曲参加もしている新進気鋭の笙プレイヤーである。

1 track
Pop

蓮沼執太のソロ・プロジェクトより、最新作「Sando」(読み:サンド)が7月21日(金)リリースが決定。この楽曲はKOM_Iと和楽器・笙(しょう)演奏家の音無史哉が参加。楽曲に通底している笙と蓮沼によるシンセサイザーの響き、そしてKOM_Iによる優しくおおらかな声が楽曲世界を包み込んでいる。音無は蓮沼執太フィルのメンバーでもあり、カナダはバンクーバー出身のアンビエント作曲家ティム・ヘッカーのツアーや楽曲参加もしている新進気鋭の笙プレイヤーである。

1 track
Pop

蓮沼執太による初のフィールド・レコーディング音源が6月13日にリリース。世界文化遺産となっている熊野古道を歩きながらフィールド・レコーディングを行ったもの。今作は2日間のフィールドワークから熊野古道の6箇所の環境音がひとつのトラックとして構成された楽曲である。熊野古道の滝尻王子、水呑王子、高原霧の里、川湯温泉、大斎原、熊野川・音無川・岩田川の合流点などのレコーディング。マスタリングはステファン・マチュー(Schwebung Mastering)、写真は西岡潔、アートワークはTanukiが担当している。

1 track
Pop

蓮沼執太による初のフィールド・レコーディング音源が6月13日にリリース。世界文化遺産となっている熊野古道を歩きながらフィールド・レコーディングを行ったもの。今作は2日間のフィールドワークから熊野古道の6箇所の環境音がひとつのトラックとして構成された楽曲である。熊野古道の滝尻王子、水呑王子、高原霧の里、川湯温泉、大斎原、熊野川・音無川・岩田川の合流点などのレコーディング。マスタリングはステファン・マチュー(Schwebung Mastering)、写真は西岡潔、アートワークはTanukiが担当している。

1 track
Pop

"GUINNESS LAB" のための音楽を蓮沼執太が書き下ろした。極上のアンビエント・ミュージックになっている。

1 track
Pop

"GUINNESS LAB" のための音楽を蓮沼執太が書き下ろした。極上のアンビエント・ミュージックになっている。

1 track
Pop

蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、ドラマ、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽を制作する音楽家の蓮沼執太のソロプロジェクト。本作には、Corneliusがギター演奏で参加しており、蓮沼の豊かなシンセサイザーのフレーズに複数のギターが絡み合うインスト作品になっている。

1 track
Pop

蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、ドラマ、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽を制作する音楽家の蓮沼執太のソロプロジェクト。本作には、Corneliusがギター演奏で参加しており、蓮沼の豊かなシンセサイザーのフレーズに複数のギターが絡み合うインスト作品になっている。

1 track
Pop

蓮沼執太の新プロジェクト最新作「Postpone」

1 track
Pop

蓮沼執太の新プロジェクト最新作「Postpone」

1 track
Pop

蓮沼執太のソロプロジェクトの最新作「Vanish, Memoria」リリース。 Greg Fox、石塚周太​​が参加したリズム・ミュージック。

1 track
Pop

蓮沼執太のソロプロジェクトの最新作「Vanish, Memoria」リリース。 Greg Fox、石塚周太​​が参加したリズム・ミュージック。

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

蓮沼執太、前作の続編的新曲「one window」配信リリース決定

蓮沼執太、前作の続編的新曲「one window」配信リリース決定

蓮沼執太が、新曲”one window”を2023年12月15日(金)に配信リリースすることが決定した。 本楽曲は、ニューアルバム『unpeople』の続編といえる楽曲であり、サウンドの方向性をさらに一歩押し進めたような世界観が詰め込まれた1曲。アコース

蓮沼執太、15年ぶりのインストAL『unpeople』本日リリース&表題曲MVを今夜公開

蓮沼執太、15年ぶりのインストAL『unpeople』本日リリース&表題曲MVを今夜公開

蓮沼執太が、ニューアルバム『unpeople』を本日2023年10月6日(金)にリリースした。 本作には、制作期間5年の間、蓮沼執太自身が奏でた音、集めた音、場所や人々との記憶、記録がすべて収録されている。その音は、器楽音から非楽器と電子音、そしてフィー

蓮沼執太、新曲「Emergence」を本日リリース&ucnv制作MVをプレミア公開決定

蓮沼執太、新曲「Emergence」を本日リリース&ucnv制作MVをプレミア公開決定

蓮沼執太が、2023年10月6日(金)リリースされるニューアルバム『unpeople』より、新曲”Emergence”を本日2023年9月1日(金)に先行リリースした。それに伴い、ucnvがディレクションしたミュージックビデオがYouTube公式チャンネ

蓮沼執太フィル、1日限りの展覧会〈THE FOYER〉開催

蓮沼執太フィル、1日限りの展覧会〈THE FOYER〉開催

蓮沼執太フィルがニューアルバム『symphil|シンフィル』のリリースを記念して、2023年4月2日(日)東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアルにて〈ミュージック・トゥデイ〉を開催。小山田圭吾(Cornelius)のゲスト出演に続き、オ

蓮沼執太ソロ・プロジェクトのインスト曲「Selves feat. Cornelius」リリース

蓮沼執太ソロ・プロジェクトのインスト曲「Selves feat. Cornelius」リリース

蓮沼執太のソロ・プロジェクトより、最新作「Selves(セルヴズ)feat. Cornelius」が本日2023年3月24日リリースされた。 この楽曲は蓮沼の豊かなシンセサイザーのフレーズに、Cornelius によるギターが力強く絡み合うインストゥルメ

蓮沼執太、第三弾シングル「Hypha」 リリース決定

蓮沼執太、第三弾シングル「Hypha」 リリース決定

蓮沼執太によるシングルリリースプロジェクトの最新作「Hypha」(ハイファ)が10月14日(金) リリースされることが発表された。 「Hypha」は、2019年 NY ブルックリンにあるライブスペース「PUBLIC RECORDS」で行ったパフォーマンス

View More News Collapse
灰野敬二と蓮沼執太によるコラボライヴが5/16(日) WWW Xにて開催決定

灰野敬二と蓮沼執太によるコラボライヴが5/16(日) WWW Xにて開催決定

2019年に一度だけ行われたコラボレーションの後、セッションを重ねてきた灰野敬二と蓮沼執太が満を持して東京では初となる貴重なパフォーマンスを披露。 「人が合奏する」ということは、そのひとの人生を「音」として重ね合わせること。 いまだからこそ、2人が表現す

坂本龍一の指名で大友良英がラジオ代演、J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』

坂本龍一の指名で大友良英がラジオ代演、J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)で、奇数月の第一日曜日24:00~26:00に坂本龍一がお届けしている番組『RADIO SAKAMOTO』。 3月7日(日)の放送では、病気療養中の坂本龍一に代わり、音楽家・大友良英が代役を務める。 隔月で放送中の『R

京都の寺社で音楽体験〈SOUND TRIP〉第二弾に青葉市子、ユザーンなどが参加

京都の寺社で音楽体験〈SOUND TRIP〉第二弾に青葉市子、ユザーンなどが参加

京都にある寺社とアーティストを組み合わせ、そこでしか聴けない音楽の体験を提供する〈SOUND TRIP〉の第二弾がリリースされた。 第二弾からはそれぞれの社寺の音楽を、訪れた人だけが持ち帰られるサービスをスタートし、各所の受付で専用のQRコードを購入し(

蓮沼執太フィル・オンライン公演 #フィルAPIスパイラルのゲスト出演者決定

蓮沼執太フィル・オンライン公演 #フィルAPIスパイラルのゲスト出演者決定

蓮沼執太フルフィルが、8月26日(水)にデジタル・アルバム『フルフォニー』をリリースする。総勢26⼈編成によるアンサンブルが奏でるボーカル楽曲“windandwindows”、全4楽章から連なる協奏曲“FULLPHONY”、そして蓮沼執太⾃⾝によるリミッ

蓮沼執太フルフィルの新作『フルフォニー』、横尾忠則が手がけるアートワーク公開

蓮沼執太フルフィルの新作『フルフォニー』、横尾忠則が手がけるアートワーク公開

音楽家・アーティストの蓮沼執太がコンダクトする現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ“蓮沼執太フィル”のメンバーに加え、2017年に実施したオーディションから選ばれた10名が加わり、総勢26名による“蓮沼執太フルフィル”が新作アルバム『フルフォニ

蓮沼執太フルフィル、新作AL『フルフォニー|FULLPHONY』発売決定

蓮沼執太フルフィル、新作AL『フルフォニー|FULLPHONY』発売決定

音楽家・アーティストの蓮沼執太がコンダクトする現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ“蓮沼執太フィル”のメンバーに、2017年に実施したオーディションから選ばれた10名が加わった総勢26名による“蓮沼執太フルフィル”が、新作アルバム『フルフォニー

蓮沼執太 × J-WAVE「STAY HOME & MAKE A SOUND」プロジェクト始動

蓮沼執太 × J-WAVE「STAY HOME & MAKE A SOUND」プロジェクト始動

リスナーから身近にある音を募集し、 蓮沼執太が1つの曲を創るプロジェクト「STAY HOME & MAKE A SOUND PROJECT」がJ-WAVEでスタートする。 J-WAVE(81.3FM)で毎週金曜20:00~放送の『INNOVATION W

Ginza Sony Park「Park Live」蓮沼執太が自宅からライブ生配信

Ginza Sony Park「Park Live」蓮沼執太が自宅からライブ生配信

東京・Ginza Sony Parkで行われてきたフリーライブ〈Park Live〉シリーズのオンラインバージョンが4月22日にスタートする。今回第1回の配信には蓮沼執太が出演することが決定した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月4日から臨時休園な

「音楽の中に入り込む」新体験『windandwindows|ウインドアンドウインドウズ』蓮沼執太フルフィル×Ginza Sony Park開催中

「音楽の中に入り込む」新体験『windandwindows|ウインドアンドウインドウズ』蓮沼執太フルフィル×Ginza Sony Park開催中

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)では、2019年7月24日(水)より、『windandwindows|ウインドアンドウインドウズ』 蓮沼執太フルフィル × Ginza Sony Park と題したプログラムが開催中。 生演奏のようなリア

蓮沼執太「CHANCE feat. 中村佳穂」MV公開&リミックス配信開始

蓮沼執太「CHANCE feat. 中村佳穂」MV公開&リミックス配信開始

6月26日にデジタル・リリースされ、話題となっている蓮沼執太の新曲「CHANCE feat. 中村佳穂」。 上西祐理が監督したMVが本日公開となった。 また、蓮沼執太自らがリミックスを施した「CHANCE feat. 中村佳穂 Reprise」も本日よ

"スープになった"やくしまるえつこと"パンになった"蓮沼執太が恋に落ちるCM

"スープになった"やくしまるえつこと"パンになった"蓮沼執太が恋に落ちるCM

「相対性理論」など数々のプロジェクトやアート作品を手がける、やくしまるえつこと、ヴォーカル曲から実験的な作風まで多様なアプローチを展開しているニューヨーク在住のミュージシャン、蓮沼執太。 2人が川口春奈出演の「クノール®スープDELI®」のCMソングで〈

「WWW X」オープニング第2弾でORIGINAL LOVE x  Suchmos、ヨギー×ユアソン、Holy Fuckら決定

「WWW X」オープニング第2弾でORIGINAL LOVE x Suchmos、ヨギー×ユアソン、Holy Fuckら決定

2016年9月1日(木)にWWW1号店が入居するライズビル2F、映画館シネマライズ跡地にオープンする2号店「WWW X」。 そのオープニング・シリーズ第2弾ラインナップが発表となった。 既に9月1日(木)のこけら落とし公演〈ceroワンマン〉を皮切りに第

丈青 ハイレゾフェス録音作『re: I See You While Playing The Piano』OTOTOYから先行配信開始

丈青 ハイレゾフェス録音作『re: I See You While Playing The Piano』OTOTOYから先行配信開始

2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。 その期間中にレコーディングされたSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト・丈青による作品『re: I

〈TAICOCLUB'16〉最終発表で水カン、toe、Dan Deacon、Losoul、灰野敬二ら

〈TAICOCLUB'16〉最終発表で水カン、toe、Dan Deacon、Losoul、灰野敬二ら

野外音楽フェスティバル〈TAICOCLUB'16〉が6月4日(土)、5日(日)に長野県木曽郡木祖村の「こだまの森」で開催。このたび、その出演者最終発表が行われた。 今回出演がアナウンスされたのは水曜日のカンパネラ、toe、Dan Deacon、Losou

松任谷正隆、渋谷慶一郎らがフリー・イベントに登壇──いよいよ来週末開幕ハイレゾフェス!

松任谷正隆、渋谷慶一郎らがフリー・イベントに登壇──いよいよ来週末開幕ハイレゾフェス!

ついに来週末、3月11日(金)から3月13日(日)の開催に迫った〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉(ハイレゾ・フェス)。 このたび松任谷正隆、渋谷慶一郎、中島ノブユキ、岸田(岸田教団&THE明星ロケッツ)など、豪華メ

Jimanica 約3年振りのフルALにやくしまるえつこ 蓮沼執太ら参加

Jimanica 約3年振りのフルALにやくしまるえつこ 蓮沼執太ら参加

ドラマーとしてだけでなく、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャーとしても活躍しているJimanicaが約3年振りのフル・アルバム『GRAND AGE』をリリースすることが発表された。 Jimanica名義作品の中では最も生音をフィーチャーした同作は

蓮沼執太、活動や制作をともにするインターンを募集

蓮沼執太、活動や制作をともにするインターンを募集

多岐にわたる表現を展開する音楽家、蓮沼執太が制作や活動をともにするインターンの募集を行っている。 今回の募集は、2015年3月から蓮沼とともに活動できる18歳以上の方が対象。また経験や学歴、音楽の創作や、演奏の可否は問わないとのことで、専門的なスキルより

蓮沼執太フィル1stアルバム『時が奏でる|Time plays -- and so do we.』発売決定

蓮沼執太フィル1stアルバム『時が奏でる|Time plays -- and so do we.』発売決定

5人編成の蓮沼執太チームを母体として、2010年ovalジャパンツアー・フロントアクトの為に結成された「蓮沼執太フィル」の1stアルバムが発売されることが決定した。 蓮沼執太フィルは、ヴォーカル、ラップ、ピアノ、シンセ、ベース、ギター、スティールパン、

Collapse

Articles

蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談

インタヴュー

蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談

「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」の初日となる3月11日に、サウンド&レコーディング・マガジン編集部プロデュースのもと行われた蓮沼執太の公開録音、〈Spiral Ambient〉。スパイラルホール中央に設置されたダミー…

蓮沼執太『メロディーズ』配信スタート&インタヴュー公開

インタヴュー

蓮沼執太『メロディーズ』配信スタート&インタヴュー公開

 蓮沼執太がどんな活動をしている人物なのか、簡潔に紹介するのはなかなか難しい。自身の作品をコンスタントにリリースしながら、映画や演劇、CM音楽などを制作。他アーティストのプロデュースや楽曲提供を行いながら、美術館での個展まで開いてしまう。振り返ってみると、…

坂本美雨と蓮沼執太クルー、一夜限りのライヴ音源をハイレゾ配信!! ライヴ直前インタヴュー&レポート掲載

インタヴュー

坂本美雨と蓮沼執太クルー、一夜限りのライヴ音源をハイレゾ配信!! ライヴ直前インタヴュー&レポート掲載

2015年1月22日、坂本美雨と蓮沼執太クルーが渋谷WWWにて行った〈Waving Flags リリースパーティ〜旗を振るよ ここにいるよ〜〉の模様を収録したライヴ音源をハイレゾ・リリース。数多くのミュージシャンが参加して制作、昨年3月にリリースにされたア…