How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Desafinado -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:03 N/A
2
Bim Bom -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 02:13 N/A
3
Insensatez -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:21 N/A
4
Coracao Vagabundo -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:11 N/A
5
Falando De Amor -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:50 N/A
6
Chora Coracao -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:30 N/A
7
Sabia -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
8
Tango(Versao em Portugues) -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 05:36 N/A
9
Chega De Saudade -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:16 N/A
10
Samba Do Aviao -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:47 N/A
11
Tema Para Ana -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 02:54 N/A
12
Fotografia -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:36 N/A
13
Vivo Sonhando -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:45 N/A
14
Amor Em Paz -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:25 N/A
15
As Praias Desertas -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
16
Insensatez/re-model by alva noto -- MORELENBAUM2坂本龍一  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 05:18 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Dance/Electronica

坂本龍一の2017年のアルバム『async』をベースに、高谷史郎による映像と、ZAKによる立体音響で表現した、インスタレーション作品「async – immersion 2023」が『AMBIENT KYOTO 2023』で展示され好評を博した。この作品は、『async』をサウンド・ディレクター のZAKが『AMBIENT KYOTO 2023』での現地の音をマイクで再録音しそれを織り交ぜながらミックスし直し、『AMBIENT KYOTO 2023』での「async – immersion 2023」を臨場感たっぷりに追体験できるようにした作品。 アルバム『async』は、日常の物、彫刻、自然からインスピレーションを得つつ、制作過程では坂本龍一が敬愛するアンドレイ・タルコフスキーの架空の映画音楽を書くというコンセプトも浮かんだといわれる作品。アルバム名『async』は“asynchronization”=非同期の略。「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」と坂本龍一自らリリース前から称した。

14 tracks
Dance/Electronica

坂本龍一の2017年のアルバム『async』をベースに、高谷史郎による映像と、ZAKによる立体音響で表現した、インスタレーション作品「async – immersion 2023」が『AMBIENT KYOTO 2023』で展示され好評を博した。この作品は、『async』をサウンド・ディレクター のZAKが『AMBIENT KYOTO 2023』での現地の音をマイクで再録音しそれを織り交ぜながらミックスし直し、『AMBIENT KYOTO 2023』での「async – immersion 2023」を臨場感たっぷりに追体験できるようにした作品。 アルバム『async』は、日常の物、彫刻、自然からインスピレーションを得つつ、制作過程では坂本龍一が敬愛するアンドレイ・タルコフスキーの架空の映画音楽を書くというコンセプトも浮かんだといわれる作品。アルバム名『async』は“asynchronization”=非同期の略。「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」と坂本龍一自らリリース前から称した。

14 tracks
Dance/Electronica

是枝裕和監督と脚本家・坂元裕二が初めてのタッグを組み、 音楽を、坂本龍一が担当する映画『怪物』のサウンドトラック。 書き下ろし2曲を含む全7曲収録!

7 tracks
Dance/Electronica

是枝裕和監督と脚本家・坂元裕二が初めてのタッグを組み、 音楽を、坂本龍一が担当する映画『怪物』のサウンドトラック。 書き下ろし2曲を含む全7曲収録!

7 tracks
Dance/Electronica

2017年発売『async』以来、約6年ぶりのオリジナルアルバム。いまだ続く闘病生活の中、日記を書くように制作した音楽のスケッチから、12 曲を選び1枚のアルバムにまとめた作品集。各曲のタイトルは、曲を制作した日付。ジャケットは「もの派」を代表する国際的な美術家、李禹煥(リ・ウファン)氏が本作のためにドローイングを制作。坂本龍一の71歳の誕生日となる2023年1月17日にリリース。

12 tracks
Dance/Electronica

2017年発売『async』以来、約6年ぶりのオリジナルアルバム。いまだ続く闘病生活の中、日記を書くように制作した音楽のスケッチから、12 曲を選び1枚のアルバムにまとめた作品集。各曲のタイトルは、曲を制作した日付。ジャケットは「もの派」を代表する国際的な美術家、李禹煥(リ・ウファン)氏が本作のためにドローイングを制作。坂本龍一の71歳の誕生日となる2023年1月17日にリリース。

12 tracks
Dance/Electronica

映画『After Yang』テーマ曲

2 tracks
Dance/Electronica

映画『After Yang』テーマ曲

2 tracks
Dance/Electronica

全世界公開! Netflix完全新作アニメ『exception』サウンドトラック! 坂本龍一の荘厳で豊かな叙情性と野心的な音響が全編に響き渡る。

58 tracks
Dance/Electronica

全世界公開! Netflix完全新作アニメ『exception』サウンドトラック! 坂本龍一の荘厳で豊かな叙情性と野心的な音響が全編に響き渡る。

58 tracks
Dance/Electronica

コンタクトレンズ「CREO」CMの為に書き下ろした坂本龍一の最新楽曲。

1 track
Dance/Electronica

コンタクトレンズ「CREO」CMの為に書き下ろした坂本龍一の最新楽曲。

1 track
Dance/Electronica

坂本龍一が2020年12月12日、無観客のオンラインピアノソロコンサート"Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020"を開催。ライブ演出をRhizomatiks、撮影監督をZakkubalanが担当し、都内のスタジオから世界同時配信を行った。 このライブはアーカイブなしの一夜限りの配信だったため、二度と視聴することができない貴重な内容となった。そして遂にこの音源を、一年後の同日 2021年12月12日にリリースすることが決定。 2021年夏8月にはこのライブ音源より「Merry Christmas Mr. Lawrence - version 2020」が、TBSテレビ『終戦76年プロジェクト つなぐ、つながる』キャンペーンのテーマ曲として使用された。また、2021年3月末に発売した『2020S』 BOXセットでのみ聴くことができた、無印良品のCM曲「MUJI2020」もライブの終盤に演奏し収録されている。坂本龍一のベスト選曲とも言えるセットリストであり、最新ライブ音源。

15 tracks
Dance/Electronica

坂本龍一が2020年12月12日、無観客のオンラインピアノソロコンサート"Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020"を開催。ライブ演出をRhizomatiks、撮影監督をZakkubalanが担当し、都内のスタジオから世界同時配信を行った。 このライブはアーカイブなしの一夜限りの配信だったため、二度と視聴することができない貴重な内容となった。そして遂にこの音源を、一年後の同日 2021年12月12日にリリースすることが決定。 2021年夏8月にはこのライブ音源より「Merry Christmas Mr. Lawrence - version 2020」が、TBSテレビ『終戦76年プロジェクト つなぐ、つながる』キャンペーンのテーマ曲として使用された。また、2021年3月末に発売した『2020S』 BOXセットでのみ聴くことができた、無印良品のCM曲「MUJI2020」もライブの終盤に演奏し収録されている。坂本龍一のベスト選曲とも言えるセットリストであり、最新ライブ音源。

15 tracks
Dance/Electronica

坂本龍一の「Tong Poo」新アレンジ&未発表バージョンがリリース。アジアの郷愁をテーマに、2022年春夏コレクションを発表したジュンヤ ワタナベ(JUNYA WATANABE)。坂本龍一は「Tong Poo」を渡辺淳弥のリクエストに応えてアレンジし「Tong Poo for JUNYA WATANABE」としてショーに提供したもの。

1 track
Dance/Electronica

坂本龍一の「Tong Poo」新アレンジ&未発表バージョンがリリース。アジアの郷愁をテーマに、2022年春夏コレクションを発表したジュンヤ ワタナベ(JUNYA WATANABE)。坂本龍一は「Tong Poo」を渡辺淳弥のリクエストに応えてアレンジし「Tong Poo for JUNYA WATANABE」としてショーに提供したもの。

1 track
Dance/Electronica

伝説の写真家ユージン・スミスと当時の妻、アイリーン・スミスが1975年に発表した写真集『MINAMATA』。その映画化をジョニー・デップが製作プロデューサー、主演でハリウッドから世界へ発信する。共演は英国の名優ビル・ナイに、日本からは真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子。映画音楽を坂本龍一が担当。

22 tracks
Dance/Electronica

伝説の写真家ユージン・スミスと当時の妻、アイリーン・スミスが1975年に発表した写真集『MINAMATA』。その映画化をジョニー・デップが製作プロデューサー、主演でハリウッドから世界へ発信する。共演は英国の名優ビル・ナイに、日本からは真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子。映画音楽を坂本龍一が担当。

22 tracks
View More Discography Collapse
Collapse