How To Buy
TitleDurationPrice
Wannabe  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:11
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:11
Album Info

昨年リリースした1stアルバム「JAPANESE AMAPIANO」が数多くの年間ベストに選出されるなど高い評価を受けた、日本におけるアマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の最新シングルはラッパーのONJUICYを客演に迎えた楽曲。

SkrillexやDrakeなどが積極的に自身の楽曲に取り込み、昨年リリースされたTyla「Water」が世界で爆発的に大ヒットを収めるなど、今や南アフリカ発のダンスミュージックを超えて支持されているアマピアノ。

今作はJersey ClubやJungle/Drum'n'Bassなど様々な最新ダンスミュージックを積極的に取り込んでラップするONJUICYと手を組んだ作品。アマピアノとUK Funkyを基調にしつつも、更にブレイクビーツやアンビエントの空気感を加えたビートは唯一無二だ。

2024年もaudiot909の活躍から目が離せない。

Discography

Dance/Electronica

昨年リリースした1stアルバム「JAPANESE AMAPIANO」が数多くの年間ベストに選出されるなど高い評価を受けた、日本におけるアマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の最新シングルはラッパーのONJUICYを客演に迎えた楽曲。 SkrillexやDrakeなどが積極的に自身の楽曲に取り込み、昨年リリースされたTyla「Water」が世界で爆発的に大ヒットを収めるなど、今や南アフリカ発のダンスミュージックを超えて支持されているアマピアノ。 今作はJersey ClubやJungle/Drum'n'Bassなど様々な最新ダンスミュージックを積極的に取り込んでラップするONJUICYと手を組んだ作品。アマピアノとUK Funkyを基調にしつつも、更にブレイクビーツやアンビエントの空気感を加えたビートは唯一無二だ。 2024年もaudiot909の活躍から目が離せない。

1 track
Dance/Electronica

昨年リリースした1stアルバム「JAPANESE AMAPIANO」が数多くの年間ベストに選出されるなど高い評価を受けた、日本におけるアマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の最新シングルはラッパーのONJUICYを客演に迎えた楽曲。 SkrillexやDrakeなどが積極的に自身の楽曲に取り込み、昨年リリースされたTyla「Water」が世界で爆発的に大ヒットを収めるなど、今や南アフリカ発のダンスミュージックを超えて支持されているアマピアノ。 今作はJersey ClubやJungle/Drum'n'Bassなど様々な最新ダンスミュージックを積極的に取り込んでラップするONJUICYと手を組んだ作品。アマピアノとUK Funkyを基調にしつつも、更にブレイクビーツやアンビエントの空気感を加えたビートは唯一無二だ。 2024年もaudiot909の活躍から目が離せない。

1 track
Dance/Electronica

南アフリカ発のダンスミュージック・アマピアノの日本におけるパイオニアであるaudiot909が満を持してリリースする1stアルバム。これまでにあっこゴリラ、QN、CHIYORI、荘子itといったシンガー/ラッパーや、PIANO FLAVA、TOMCといったプロデューサーと共にリリースしてきたコラボレーション楽曲も収録したまさに現在までの活動の集大成といった作品。 『JAPANESE AMAPIANO THE ALBUM』と冠されたこのアルバムには新たに謎の多国籍音楽集団・3KW a.k.a. 三千世界からラッパーのMORI、そしてアフリカン・ダンスミュージックをここ日本で独自の解釈でプレイするDJクルー・TYO GQOMからプロデューサーのKΣITOを迎えた楽曲も含む全11曲を収録。 SkrillexやDrakeなど大物ミュージシャンが挙って自身の楽曲に取り入れるなど、世界中でアフリカ産のダンスミュージックが注目を集めている昨今。ここ日本におけるアマピアノの第一人者としてaudiot909が提示するのは、オルタナティブなHIP HOPやR&Bリスナーにまで届くような挑戦的なダンスミュージック。そしてデジタルネイティブとなったアフリカンミュージックへの日本からの回答である。

11 tracks
Dance/Electronica

南アフリカ発のダンスミュージック・アマピアノの日本におけるパイオニアであるaudiot909が満を持してリリースする1stアルバム。これまでにあっこゴリラ、QN、CHIYORI、荘子itといったシンガー/ラッパーや、PIANO FLAVA、TOMCといったプロデューサーと共にリリースしてきたコラボレーション楽曲も収録したまさに現在までの活動の集大成といった作品。 『JAPANESE AMAPIANO THE ALBUM』と冠されたこのアルバムには新たに謎の多国籍音楽集団・3KW a.k.a. 三千世界からラッパーのMORI、そしてアフリカン・ダンスミュージックをここ日本で独自の解釈でプレイするDJクルー・TYO GQOMからプロデューサーのKΣITOを迎えた楽曲も含む全11曲を収録。 SkrillexやDrakeなど大物ミュージシャンが挙って自身の楽曲に取り入れるなど、世界中でアフリカ産のダンスミュージックが注目を集めている昨今。ここ日本におけるアマピアノの第一人者としてaudiot909が提示するのは、オルタナティブなHIP HOPやR&Bリスナーにまで届くような挑戦的なダンスミュージック。そしてデジタルネイティブとなったアフリカンミュージックへの日本からの回答である。

11 tracks
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の連続リリース・シングル第三弾はプロデューサー・TOMC、そしてDos Monosのラッパー・荘子itとのトリプル・コラボレーション。 二ヶ月連続でQN、CHIYORIを迎えた楽曲をリリースし、日本語とアマピアノの新たな可能性を切り開いたプロデューサーのaudiot909。 今回共作相手に選んだのは国内外からも評価が高いアンビエント・アーティストであるTOMC、そして2度のヨーロッパツアーや台湾でのライブなど日本を超えて活躍するラップ・グループDos Monosのリーダー・荘子it。 「The Out of Africa Hypothesis(出アフリカ単一起源説)」と名付けられたこの作品は、Steve ReichやFour Tet、Shackletonなどお互いの音楽的フェイバリットの共有や、思想的背景の意見交換から生まれたアイデアを元に歌詞楽曲共に昇華したオルタナティブ・アマピアノと言うべき作品。 先進的なHIP HOPのサウンドであり、ダンスミュージック的な側面も併せ持つ誰も聴いたことがない架空のアフロトロニカ・サウンドが誕生した。

1 track
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の連続リリース・シングル第三弾はプロデューサー・TOMC、そしてDos Monosのラッパー・荘子itとのトリプル・コラボレーション。 二ヶ月連続でQN、CHIYORIを迎えた楽曲をリリースし、日本語とアマピアノの新たな可能性を切り開いたプロデューサーのaudiot909。 今回共作相手に選んだのは国内外からも評価が高いアンビエント・アーティストであるTOMC、そして2度のヨーロッパツアーや台湾でのライブなど日本を超えて活躍するラップ・グループDos Monosのリーダー・荘子it。 「The Out of Africa Hypothesis(出アフリカ単一起源説)」と名付けられたこの作品は、Steve ReichやFour Tet、Shackletonなどお互いの音楽的フェイバリットの共有や、思想的背景の意見交換から生まれたアイデアを元に歌詞楽曲共に昇華したオルタナティブ・アマピアノと言うべき作品。 先進的なHIP HOPのサウンドであり、ダンスミュージック的な側面も併せ持つ誰も聴いたことがない架空のアフロトロニカ・サウンドが誕生した。

1 track
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の連続リリース・シングル第二弾はシンガーのCHIYORIをフィーチャー。 前作では元SIMI LABのリーダーであるラッパーのQNを迎えて日本語ラップとアマピアノの新たな可能性を提示し大きな話題となった。 今回はaudiot909とプライベートでも親交があり、シンガーとして様々なジャンルと果敢にコラボレーションを続けるCHIYORIを客演に迎えて制作された楽曲。お互いのバイブスを共鳴させた、ソウルフルな歌とダンサブルなトラックが新たな和物アマピアノとしての境地を切り拓いている。 アマピアノやGQOMを中心に近年世界ではアフリカ産のダンスミュージックがトレンドとして数多くの大物アーティスト達に取り上げられチャートを賑わしているが、この楽曲はまさにそのムーブメントに対する日本からの回答となるだろう。

1 track
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の連続リリース・シングル第二弾はシンガーのCHIYORIをフィーチャー。 前作では元SIMI LABのリーダーであるラッパーのQNを迎えて日本語ラップとアマピアノの新たな可能性を提示し大きな話題となった。 今回はaudiot909とプライベートでも親交があり、シンガーとして様々なジャンルと果敢にコラボレーションを続けるCHIYORIを客演に迎えて制作された楽曲。お互いのバイブスを共鳴させた、ソウルフルな歌とダンサブルなトラックが新たな和物アマピアノとしての境地を切り拓いている。 アマピアノやGQOMを中心に近年世界ではアフリカ産のダンスミュージックがトレンドとして数多くの大物アーティスト達に取り上げられチャートを賑わしているが、この楽曲はまさにそのムーブメントに対する日本からの回答となるだろう。

1 track
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909が、元SIMI LABであり最近では菊地成孔とのユニット・Q/N/Kでも活躍するラッパー・QNと手を組んでシングルをリリース。 本作は南アフリカで発祥した最新のハウスミュージックの進化系であるアマピアノを日本的な視点で再解釈した楽曲。 ジャンルの特徴でもあるベースサウンド「ログドラム」とチルなバイブス、そしてQNのメロウなラップが合わさり、唯一無二のサウンドとなっている。 Chris BrownやMajor Lazerがアマピアノを楽曲で使用するなど、近年世界でアフリカ産のダンスミュージックが注目を集めているが、この楽曲は日本語ラップとアマピアノのミクスチャーとして新たな可能性を提示するであろう。

1 track
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909が、元SIMI LABであり最近では菊地成孔とのユニット・Q/N/Kでも活躍するラッパー・QNと手を組んでシングルをリリース。 本作は南アフリカで発祥した最新のハウスミュージックの進化系であるアマピアノを日本的な視点で再解釈した楽曲。 ジャンルの特徴でもあるベースサウンド「ログドラム」とチルなバイブス、そしてQNのメロウなラップが合わさり、唯一無二のサウンドとなっている。 Chris BrownやMajor Lazerがアマピアノを楽曲で使用するなど、近年世界でアフリカ産のダンスミュージックが注目を集めているが、この楽曲は日本語ラップとアマピアノのミクスチャーとして新たな可能性を提示するであろう。

1 track
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニア、audiot909はにラッパーのあっこゴリラをフィーチャーしたシングル「RAT-TAT-TAT」をリリースする。 アマピアノは南アフリカで生まれたハウスの派生ジャンル。四つ打ちに囚われないリズムのパターン、「ログドラム」と呼ばれる特殊なパーカッションやシェイカーの使用などが特徴の音楽だ。現在は南アフリカを飛び越えてナイジェリアやUKなどにも進出している。 audiot909は2020年に日本初のアマピアノ作品「This is Japanese Amapiano EP」をリリースしているほか、DJのmitokonと共に各種メディアでの執筆なども行いアマピアノに関する情報を発信してきたDJ兼ビートメイカー。「This is Japanese Amapiano EP」はアマピアノ人気の高いUKでも注目を集め、2022年1月にはUKの国営放送ラジオ局「BBC RADIO1」で人気DJのScratcha DVAが同作収録の「Rasen (KΣITO Remix)」をオンエアした。 今回のシングルでのあっこゴリラとのコラボレーションは、あっこゴリラがナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組「SONAR MUSIC」でのアマピアノ特集にaudiot909がゲスト出演したことから生まれたもの。南アフリカとナイジェリアのアマピアノを踏まえながら低音をディープに用いたビートと、あっこゴリラの柔軟で力強いメッセージ性のあるラップがスリリングに融合した楽曲に仕上がっている。また、現在DJの間で注目を集めているUKアマピアノ仕様のセルフリミックスに加え、南アフリカのアマピアノにより接近した長尺のエクステンデット・バージョンも収録。ハウスをルーツに持つアマピアノならではのDJユースを踏まえた、幅広いフィールドで受け入れられることを目指したシングルとなっている。

3 tracks
Dance/Electronica

ジャパニーズ・アマピアノのパイオニア、audiot909はにラッパーのあっこゴリラをフィーチャーしたシングル「RAT-TAT-TAT」をリリースする。 アマピアノは南アフリカで生まれたハウスの派生ジャンル。四つ打ちに囚われないリズムのパターン、「ログドラム」と呼ばれる特殊なパーカッションやシェイカーの使用などが特徴の音楽だ。現在は南アフリカを飛び越えてナイジェリアやUKなどにも進出している。 audiot909は2020年に日本初のアマピアノ作品「This is Japanese Amapiano EP」をリリースしているほか、DJのmitokonと共に各種メディアでの執筆なども行いアマピアノに関する情報を発信してきたDJ兼ビートメイカー。「This is Japanese Amapiano EP」はアマピアノ人気の高いUKでも注目を集め、2022年1月にはUKの国営放送ラジオ局「BBC RADIO1」で人気DJのScratcha DVAが同作収録の「Rasen (KΣITO Remix)」をオンエアした。 今回のシングルでのあっこゴリラとのコラボレーションは、あっこゴリラがナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組「SONAR MUSIC」でのアマピアノ特集にaudiot909がゲスト出演したことから生まれたもの。南アフリカとナイジェリアのアマピアノを踏まえながら低音をディープに用いたビートと、あっこゴリラの柔軟で力強いメッセージ性のあるラップがスリリングに融合した楽曲に仕上がっている。また、現在DJの間で注目を集めているUKアマピアノ仕様のセルフリミックスに加え、南アフリカのアマピアノにより接近した長尺のエクステンデット・バージョンも収録。ハウスをルーツに持つアマピアノならではのDJユースを踏まえた、幅広いフィールドで受け入れられることを目指したシングルとなっている。

3 tracks

東京出身のラッパー、Vinny Blackberryとジャパニーズアマピアノの第一人者、Audiot 909のコラボ作品。

1 track

東京出身のラッパー、Vinny Blackberryとジャパニーズアマピアノの第一人者、Audiot 909のコラボ作品。

1 track