How To Buy
TitleDurationPrice
ミュージック・ミュージック (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:39
フリ・フリ (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:36
あの時君は若かった (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:09
ヘイボーイ (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:10
ノーノーボーイ (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:01
サマー・ガール (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:39
サマーラヴ・アゲイン (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:19
ゴロワーズを吸ったことがあるかい (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:57
どうにかなるさ (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:36
ハロー、ミスター・サンシャイン (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:03
サテンドレスのセブンティーン (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:46
バンバンバン (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:04
のんびりいくさ (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:25
つづけ青春たちよ (Live at クロコダイル, 東京, 1977)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:44
サテン・ドレスのセブンティーン (7インチ・ヴァージョン)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:51
サマーラヴ・アゲイン (7インチ・ヴァージョン)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:53
つづけ青春たちよ (7インチ・ヴァージョン)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:47
ありの大統領 (7インチ・ヴァージョン)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:10
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 61:49
Album Info

トリオ・レコード移籍第1弾アルバムにして、デビュー20周年記念作品でもある初のライヴ・アルバム。77年10月28日、原宿のライヴ・ハウス『クロコダイル』でのライヴ録音。気心知れた連中をバックに、ムッシュがノリにのって歌いまくる!! 71年にソロ独立後、フィリップス~東芝で作品を発表してきたムッシュは、77年にトリオ・レコードに移籍。78年1月25日に移籍第1弾アルバムとしてリリースされたのが本作で、その長いキャリアのわりには、今まで存在しなかったことが不思議な初のライヴ・アルバムである。77年10月28日、原宿のライヴ・ハウス『クロコダイル』でのライヴ録音。バッキングを担当したのは、横内タケ(g)、山本達彦(key)、森村ケン(key)、石井ジロー(b)、五代儀彦秀(ds)の5人から成る『フラット・アウト』。ムッシュのバック・バンドとして74年頃から活動していた『オレンジ』を母体とする新グループだ。

ムッシュがノリにのって歌いまくるセット・リストは、スパイダース時代のおなじみのヒット曲から、ソロ独立後のステージ定番曲、トリオ移籍後のシングル曲までおなじみの曲目が並ぶ。レコード会社が変わって心機一転、80年代を目前としたムッシュにとって、この日のステージ、そして本アルバムは、スパイダース~ソロ・アーティストとして歩んできたこれまでの音楽キャリアの総決算という意味合いもあったのかもしれない。

Discography

Rock

トリオ・レコード移籍第1弾アルバムにして、デビュー20周年記念作品でもある初のライヴ・アルバム。77年10月28日、原宿のライヴ・ハウス『クロコダイル』でのライヴ録音。気心知れた連中をバックに、ムッシュがノリにのって歌いまくる!! 71年にソロ独立後、フィリップス~東芝で作品を発表してきたムッシュは、77年にトリオ・レコードに移籍。78年1月25日に移籍第1弾アルバムとしてリリースされたのが本作で、その長いキャリアのわりには、今まで存在しなかったことが不思議な初のライヴ・アルバムである。77年10月28日、原宿のライヴ・ハウス『クロコダイル』でのライヴ録音。バッキングを担当したのは、横内タケ(g)、山本達彦(key)、森村ケン(key)、石井ジロー(b)、五代儀彦秀(ds)の5人から成る『フラット・アウト』。ムッシュのバック・バンドとして74年頃から活動していた『オレンジ』を母体とする新グループだ。 ムッシュがノリにのって歌いまくるセット・リストは、スパイダース時代のおなじみのヒット曲から、ソロ独立後のステージ定番曲、トリオ移籍後のシングル曲までおなじみの曲目が並ぶ。レコード会社が変わって心機一転、80年代を目前としたムッシュにとって、この日のステージ、そして本アルバムは、スパイダース~ソロ・アーティストとして歩んできたこれまでの音楽キャリアの総決算という意味合いもあったのかもしれない。

18 tracks
Rock

トリオ移籍後4作目として、79年にリリースした作品。トリオでの2作目『ウォーク・アゲイン』以来のAOR路線で、タイトルから連想されるとおりのハワイ・レコーディングによる、トロピカルなテイストを加味したサウンドを展開。ムッシュのフュージョン/AOR路線時代の最高傑作!!バッキングは、ライヴ・アルバム『ムッシュ・ファースト・ライヴ』(77年)でのバック・バンド『フラット・アウト』(74年頃からムッシュのバックを努めていた『オレンジ』を前身とするバンド)のメンバーだった石井ジロー(b)、森村献(key)、五代儀彦秀(ds)の3人の他、現在売れっ子プロデューサー/編曲者として知られ(当時はまだ無名のキーボード奏者)、前作『スタジオ・ムッシュ』にも参加していた武部聡志(key)、そして、ムッシュのレコーディング・セッションには初参加の丹波博幸(g)といった顔ぶれ。現在オルケスタ・デル・ソルのメンバーであり、作曲家/アレンジャーとしても活躍中の森村献は、アシスタント・プロデューサーとしてアレンジ等の他、インストゥルメンタル曲「Gentle Wind」の作曲も手がけている。

11 tracks
Rock

ムッシュ初の海外レコーディング作品。売れっ子セッションマン(チャック・レイニー、ラス・カンケル等)を招いてLAで行ったリズム・トラック録音による、当時流行のフュージョン/AORサウンドを全面的に導入した’78年6月25日発表のトリオ・レコード第2作目。 ■スタジオ録音アルバムとしては、75年の『あゝ我が良き友よ』から3年ぶりの新作であるトリオ・レコード第2弾。 ■ムッシュ初の海外レコーディング作品でもあり、売れっ子セッションマン(チャック・レイニー、ラス・カンケル、ポリーニョ・ダ・コスタ等)を招いてLAで行ったリズム・トラック録音による、当時流行のフュージョン/AORサウンドを全面的に導入した意欲作。『M-2』『12時の讃歌』と『M-8』『霜の降りた朝』の2曲の作詞で松任谷由実(“霜の降りた朝”の作曲は松任谷正隆)が参加、編曲は全編深町純が担当するという、豪華ゲストを配したジャパニーズ・シティ・ポップの傑作アルバム!! ■収録曲のほとんどは、しっとりとしたラヴ・バラードで、他人からの提供曲でも『ムッシュ・ワールド』に仕立て上げてしまう、あの強烈なキャラは控え目だ。全体的にヴォーカルのミックスも低めで、歌詞カードを見ないと歌詞が聴き取れない箇所もあるほど。耳障りの良いフュージョン・ポップ・アルバムとしてのクオリティーを高めるために、あえてムッシュ自身の存在感を希薄なものにしてしまう意図があったのかもしれない。そういった意味では、彼の長いキャリアの中でも最大の異色作と言えるだろう。

10 tracks
Rock

ムッシュならではの遊び心とシャレにあふれたファンク、和製ラップ、AOR、ロックン・ロール、レゲエとバラエティに富んだ楽曲が楽しめる79年2月25日発表のトリオ・レコード時代の3作目 ■ムッシュならではの遊び心とシャレにあふれた楽しい作品揃いのトリオ・レコード3作目。各曲の音楽的方向性も、ファンク、和製ラップ、AOR、ロックン・ロール、レゲエ……と多種多様で、バラエティに富んでいるアルバム。いつの時代も常にヒップであったムッシュらしく、ラップ調トーキング・スタイルでキメた『M-1』『M-4』の2曲では当時その異色スギるスキルでヤバい笑いをお茶の間に提供していたタモリをフューチャー!!見事なフロウ(?)での暴れっぷりはまさに怪人タモリの面目躍如!! ■気心知れたミュージシャンたちの起用をベーシックにしている、ムッシュのいつものレコーディング・スタイルに戻ったのも、本作がムッシュらしさを全編で発揮している大きな要因のひとつだろう。

12 tracks

News

【オフィシャルレポート】一夜限りの豪華セッションが実現したSONGS & FRIENDS「Music Tree Grow to the SKYE & their family」

【オフィシャルレポート】一夜限りの豪華セッションが実現したSONGS & FRIENDS「Music Tree Grow to the SKYE & their family」

“ミュージシャンズ・ミュージシャン” SKYEの元に集ったアーティストたちによる一夜限りの豪華セッションが実現。SONGS & FRIENDS「Music Tree Grow to the SKYE & their family」がWOWOWにて7月30

Articles

あの名作をひっ捕らえい! 新連載〈アーカイ奉行〉第1巻

連載

あの名作をひっ捕らえい! 新連載〈アーカイ奉行〉第1巻

歴史を追いかけ過去から未来、情報過多の現代社会、デジタルの海に散らばったあの名作、この名作たちをひとつにまとめる仕事人…!新連載〈アーカイ奉行〉の幕が開く…! '''〈アーカイ奉行〉とは…'''1.過去作の最新リマスター音源 2.これまで未配信だった作品の…