album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Angry Girl (CHAI Version)  wav,flac,alac: 24bit/44.1kHz 02:50 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Pop

今年5月にUSインディ・レーベル〈SUB POP〉からリリースした3rdアルバム『WINK』の収録曲から、世界5カ国のミュージシャンとコラボレーションした合計6曲を収めたEP。同作収録曲の“END”はメンバーが敬愛するBeastie Boysを彷彿させるアッパーなヒップホップ・トラックにYUUKIとYUNAのラップと4MCの掛け合いが展開される人気曲。今回同曲のリミックスを担当したオーストラリアのバンド・Confidence Manとは、2019年に行なったワールド・ツアーの際にイギリス・ブライトンのフェスで共演。以前から彼らのファンであったというCHAIはその後、彼らの来日ライブに足を運ぶなどして交流を深め、今回のコラボレーションに至ったという。

6 tracks
Pop

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAIが、歴史あるUSの人気インディ・レーベル SUB POP より3rd album ”WINK”をリリースし、世界中の音楽メディアで話題に。本作に収録された人気楽曲で、世界のミュージシャンと夢のコラボレーションを実現! 第1弾の先行singleされる楽曲は、メンバーが敬愛するビースティー・ボーイズを彷彿させるアッパーなヒップホップトラックである「END」。YUUKIとYUNAのラップも新鮮な4MCの掛け合いも聴きどころであり、ライブでは盛り上がり必須の人気ナンバーである。 Remixを担当するのは、ダンスとエレクトロを融合させ今勢いに乗る、オーストラリアのバンド Confidence Man。各地の大型フェスに引っ張りだこで、「Apple」のCMに起用されるなど、世界中で名の知れている人気アーティストである。 以前から彼らのファンであったCHAIは、2019年ワールドツアーの際にイギリス・ブライトンで彼らとフェスで共演。その後、彼らの来日ライブに足を運ぶなどして交流を深め、コラボレーションに至った。 今回のRemixでは、ダンスとエレクトロを融合させた、Confidence Manらしさが前回のサウンドとなっており、アッパーなオリジナルトラックとの化学変化に注目してほしい。

1 track