How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
ピンクローター  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 05:05 N/A
2
ピンクのピアノF  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 04:45 N/A
3
魔er 羅er  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 01:55 N/A
4
峯田のピンクローター  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 05:17 N/A
5
ピンクのピアノA  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 02:19 N/A
Album Info

舞台「裏切りの街」の主題歌である「ピンクローター(M.1)」は、銀杏BOYZが過去に発売したシングルに収録されている「東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて」「光」で名演を遂げたBO GUMBOSのDr.kyOnがキーボードで参加したことにより、退廃的でありながら、微かな希望が見え隠れするような楽曲に仕上がった。「ピンクのピアノF(M.2)」「ピンクのピアノA(M.5)」は、ジャズを始め様々なジャンルの音楽の作編曲を手掛ける川田瑠夏が「ピンクローター」をピアノで演奏したインスト曲。「魔er 羅er(M.3)」は銀杏BOYZとして、初のブラスト・ビートを多用した激ハードコアな一曲。三ツ峰ひかり(敏感少年隊、わくわくガールズ)がコーラスで参加。「峯田のピンクローター(M.4)」は「ピンクローター」のアコースティック・バージョンで、峯田の自宅にて録音。アシッド・フォークを彷彿させる中毒性の高い楽曲に仕上がった。

Add all to INTEREST

Discography

Rock

2020年10月に発売したアルバム「ねえみんな大好きだよ」からのシングルカットとなる「GOD SAVE THE わーるど」。 カップリングには竹内まりやが作詞作曲を手掛けた広末涼子のデビュー曲「MajiでKoiする5秒前」をバンドアレンジでカバー。さらに今年の10月に発売した12インチシングル「少年少女」に続き、今作も荒井優作がリミックスを担当した「GOD SAVE THE わーるど 荒井優作 REMIX」を収録。

3 tracks
Rock

オリジナルTVアニメ『Sonny Boy』の主題歌を銀杏BOYZが担当。今回のアニメに向けて書き下ろした新曲「少年少女」。 今作は、カップリングに2019年12月に開催されたイベント「空気階段の大踊り場」出演時の生々しいライブ演奏を記録した「夢で逢えたら アコースティック」と、「少年少女 Instrumental」を収録。

3 tracks
Rock

前作『光のなかに立っていてね』から約6年半ぶりとなるフルアルバムを発売。レコーディングのサポートメンバーとして、銀杏BOYZのライブでも演奏している山本幹宗(Gu.)、加藤綾太(Gu.)、藤原寛(Ba.)、岡山健二(Dr.) をはじめ、UCARY VALENTINE がプログラミング(※M5,6,10,11) で、Dr.kyOn がピアノ(M9) で、そして「恋は永遠 feat.YUKI」ではYUKIがゲストボーカルとして参加。2005年発売のアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』に収録の「駆け抜けて性春」でのゲストボーカル参加から15年ぶりとなる再共演が実現。

11 tracks
Rock

2016年に発表したシングル「生きたい」で、「人間」「光」に続き、峯田は自らを断罪し、世に咆哮を捧げ、銀杏BOYZとしてロックの光と影の三部作を完結させた。それから一年が経ち、恋とロックを軸とした新たなる三部作を7月から三ヶ月連続で発表していく。第一弾シングル「エンジェルベイビー」(7/26発売)では、ストレートであり、ど真ん中な銀杏BOYZらしいポップな一面をみせ、第二弾シングル「骨」(8/30発売)では前作とは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品となり、そして今作「恋は永遠」では、懐かしさを感じさせるグループ・サウンズの雰囲気もありながら、銀杏BOYZらしいあたたかいノイズにつつまれた新しい音の感触を味わってもらいたい。 M2「二十九、三十」は、クリープハイプのカバー曲であり、今年の6月に彼らのツアーで共演した際にこの楽曲カバーを披露したことがきっかけとなり、今作に収録する流れとなった。オリジナルとは違った印象を与えているのは、ヒップホップのビートを感じさせるような跳ねるドラムと、それをバックに歌う峯田の歌声がとても映えた仕上がりになっている。 「骨」につづき今作のレコーディングでは銀杏BOYZのツアーでも演奏をしている岡山健二(classicus)がドラムで、加藤綾太(2)がギターで参加している。

2 tracks
Rock

2016年に発表したシングル「生きたい」で、「人間」「光」に続き、峯田は自らを断罪し、世に咆哮を捧げ、銀杏BOYZとしてロックの光と影の三部作を完結させた。それから一年が経ち、新たなる三部作を2017年7月から三ヶ月連続で発表していく。第一弾シングル「エンジェルベイビー」では、ストレートであり、ど真ん中な銀杏BOYZらしいポップな一面もみせていたが、今作「骨」では前作とは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品。

2 tracks
Rock

銀杏BOYZ、三ヶ月連続シングル第一弾。「生きたい」発表時(2016年4月)のインタビューで峯田は“<生きたい>を産み出せたことにより、やっとこれからはど真ん中の曲を作ることができる”と語っていたが、1曲目の「エンジェルベイビー」は間違いなくど真ん中で、高揚感や多幸感を感じさせる楽曲に仕上がっている。一方2曲目の「二回戦」はライブ映像作品『愛地獄』に弾き語りで収録された「イラマチオ」のタイトルを変更したバンド編成の楽曲で、ゲストミュージシャンとして野崎泰弘がピアノで、UCARY VALENTINEがノイズを始めとしたプログラミングとコーラスで参加している。

2 tracks
Rock

銀杏BOYZ ロックの光と影の三部作、堂々の完結。「人間」「光」に続き、峯田は自らを断罪し、世に咆哮を捧げる「生きたい」で決着をつける。収録尺15分11秒。 2曲目の「ぽあだむ」は、クボタタケシがリミックスを担当。クボタタケシがリミックスを手掛けたのは、実に12年ぶりとなり、ひとつの事件になるはず。

2 tracks
Rock

12 tracks
Rock

舞台「裏切りの街」の主題歌である「ピンクローター(M.1)」は、銀杏BOYZが過去に発売したシングルに収録されている「東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて」「光」で名演を遂げたBO GUMBOSのDr.kyOnがキーボードで参加したことにより、退廃的でありながら、微かな希望が見え隠れするような楽曲に仕上がった。「ピンクのピアノF(M.2)」「ピンクのピアノA(M.5)」は、ジャズを始め様々なジャンルの音楽の作編曲を手掛ける川田瑠夏が「ピンクローター」をピアノで演奏したインスト曲。「魔er 羅er(M.3)」は銀杏BOYZとして、初のブラスト・ビートを多用した激ハードコアな一曲。三ツ峰ひかり(敏感少年隊、わくわくガールズ)がコーラスで参加。「峯田のピンクローター(M.4)」は「ピンクローター」のアコースティック・バージョンで、峯田の自宅にて録音。アシッド・フォークを彷彿させる中毒性の高い楽曲に仕上がった。

5 tracks
Rock

2009年2月以降ライブ活動を行わず、バンドとしては表舞台に立つこともないまま沈黙を続けた銀杏BOYZだが、ついにシングル曲として、全くタイプの異なる2曲を完成させた。前作「17才」(オリコン初登場7位)から、約1年振りのリリースとなる今作は映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の主題歌として起用されている。曲のタイトルは映画と同じく「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。主題歌「ボーイズ・オン・ザ・ラン」は峯田、チン中村、安孫子、村井のメンバー4人によるむさ苦しいぐらいにストレートな感情が直球勝負で奏でられ、銀杏BOYZならではの中毒性の高い楽曲に仕上がっている。一方2曲目に収録されている「べろちゅー」は唯一無二な峯田の詩世界と、どこか懐かしくも優しいメロディー、そして残酷なまでに生々しい歌声と演奏がドラマチックに紡がれた楽曲だ。ライブ中に骨折、流血、公然猥褻行為が起きるような過剰すぎるバンドのイメージからは想像できないような、万人の心の琴線を震わせる美しいバラードが完成した。

3 tracks
Rock

2 tracks
Rock

15 tracks

News

銀杏BOYZ、〈世界ツアー弾き語り〉追加日程&ゲスト発表 

銀杏BOYZ、〈世界ツアー弾き語り〉追加日程&ゲスト発表 

銀杏BOYZが2005年の「世界ツアー」以来18年ぶりに開催中の全国ツアー〈世界ツアー弾き語り23-24 ボーイ・ミーツ・ガール Boi Meets Girrrl〉の追加日程とゲスト出演者を発表した。 日程とゲストは6月6日(木)新潟県・新潟LOTS・ゲ

銀杏BOYZ、2枚同時リリースの1stAL初カセット化

銀杏BOYZ、2枚同時リリースの1stAL初カセット化

銀杏BOYZの1stアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』、『DOOR』のカセットテープが、2023年10月20日(金)に発売される。 両アルバムはGOING STEADY解散から2年後の2005年1月に同時発売された作品で、今回が初のカセット化と

CENT、峯田和伸作曲「決心」MVプレミア公開決定

CENT、峯田和伸作曲「決心」MVプレミア公開決定

セントチヒロ・チッチのソロプロジェクトCENTが、峯田和伸(銀杏BOYZ)が作曲した「決心」のミュージックビデオを、オフィシャルYouTubeにてプレミア公開することが決定した。 MV公開に先駆けティザー映像も公開された。 8月23日(水)に初のアルバム

CENT(セントチヒロ・チッチ)、初の有観客ワンマンライヴ開催決定

CENT(セントチヒロ・チッチ)、初の有観客ワンマンライヴ開催決定

BiSHの元メンバーであるセントチヒロ・チッチのソロプロジェクト「CENT」が、初の有観客ワンマンラライヴ『Unknown Possibilities』の開催を発表した。 CENTは8月23日(水)に真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)、峯田和伸(銀杏BOYZ

CENT(セントチヒロ・チッチ)、豪華メンバー参加の1st ALリリース決定

CENT(セントチヒロ・チッチ)、豪華メンバー参加の1st ALリリース決定

6月29日、東京ドーム公演にて解散した楽器を持たないパンクバンドBiSHの元メンバーであるセントチヒロ・チッチが、ソロプロジェクト「CENT」として初のアルバム発売を発表。さらに、新ビジュアルも公開された。 1stアルバム『PER→CENT→AGE』(パ

銀杏BOYZ、47都道府県ライヴハウスツアー開催決定

銀杏BOYZ、47都道府県ライヴハウスツアー開催決定

銀杏BOYZが、2005年の〈世界ツアー〉以来、18年ぶりとなる全国ツアー〈世界ツアー弾き語り23-24 ボーイ・ミーツ・ガール Boi Meets Girrrl〉を開催することが決定した。 本ツアーは2023年9月から2024年にかけて47都道府県を廻

View More News Collapse
〈さよなら中野サンプラザ音楽祭〉開催決定

〈さよなら中野サンプラザ音楽祭〉開催決定

5月1日(月)から7月2日(日)までの2カ月、東京・中野サンプラザにて、50年の歴史の集大成となる音楽祭〈さよなら中野サンプラザ音楽祭〉を開催することが決定し、第一弾出演者が発表された。 1973年の開業以来、国内外問わず数多くの様々なジャンルのアーティ

MOROHA、自主企画〈怒濤〉でSUPER BEAVER、fOUL、銀杏BOYZと対バン

MOROHA、自主企画〈怒濤〉でSUPER BEAVER、fOUL、銀杏BOYZと対バン

来年15周年を迎えるMOROHAが自主企画ライブ〈怒濤〉の新たな日程と対バンアーティストを公開した。 2023年2月14日(火)のバレンタインデー当日に恵比寿リキッドルームで行うライブにはSUPER BEAVERを迎え、この日のみ〈怒キュン〉と銘打っての

〈吉里吉里農園支援プロジェクト〉支援コンピCDにLOSTAGE、NOT WONKら参加

〈吉里吉里農園支援プロジェクト〉支援コンピCDにLOSTAGE、NOT WONKら参加

現在クラウドファンディングで展開中の〈吉里吉里農園支援プロジェクト〉が、メインのリターンとなるコンピレーションCDの詳細を公開した。 〈吉里吉里農園支援プロジェクト〉は、元銀杏BOYZのベーシストで、音楽レーベル〈KiliKiliVilla〉のチーフ・プ

【オフィシャルレポート】銀杏BOYZ、2年3ヵ月ぶりの有観客ライヴで「もう二度とライブなんてできねえのかな、とちょっと考えた日があった」

【オフィシャルレポート】銀杏BOYZ、2年3ヵ月ぶりの有観客ライヴで「もう二度とライブなんてできねえのかな、とちょっと考えた日があった」

 2022年3月14日(月)に、東京・Zepp DiverCityにて、銀杏BOYZがライブを行った。 3月10日(木)仙台GIGSから始まり、3月31日(木)Zepp Sapporoで終わる、「銀杏BOYZアコースティック・ライブツアー2022 『僕た

〈イノマーロックフェスティバル〉第一弾出演アーティスト、銀杏BOYZなど3組を発表

〈イノマーロックフェスティバル〉第一弾出演アーティスト、銀杏BOYZなど3組を発表

口腔底がんのため53歳の若さで亡くなった、性春パンクバンド・オナニーマシーンのボーカル・イノマーの意志を受け継ぐ一夜限 りのロックフェスティバル〈イノマーロックフェスティバル〉が2022年7月16日、有明・東京ガーデンシアターにて開催されることが決定した

銀杏BOYZ、アコースティック・ライヴツアー2022開催決定

銀杏BOYZ、アコースティック・ライヴツアー2022開催決定

銀杏BOYZがアコースティック・ライヴツアーを2022年3月に開催することを発表した。 コロナ禍の影響により2020年に予定していた全国ツアーは開催中止となり、バンド編成でのライヴは2019年12月以来約2年半ぶりとなる。本公演はアンプラグド・ライヴ。ア

遠藤賢司『第一回エンケン純音楽祭り』DVD+CDで8/4発売

遠藤賢司『第一回エンケン純音楽祭り』DVD+CDで8/4発売

遠藤賢司が還暦を迎えた2007年に開催した伝説の『第一回エンケン純音楽祭り』が遂に映像化、DVD+CDで2021年8月4日に発売される。 2007年11月8日に渋谷クラブクアトロで開催された『第一回エンケン純音楽祭り』は、遠藤賢司の弾き語りから、グレート

銀杏BOYZ、「GOD SAVE THE わーるど」MV公開

銀杏BOYZ、「GOD SAVE THE わーるど」MV公開

昨年10月にリリースされた銀杏BOYZのアルバム『ねえみんな大好きだよ』の収録曲「GOD SAVE THE わーるど」。 本楽曲のミュージックビデオが、銀杏BOYZオフィシャルYouTubeにて公開された。 服飾レーベル「keisuke kanda」主宰

銀杏BOYZ、アニメ主題歌の新曲「少年少女」7/21発売

銀杏BOYZ、アニメ主題歌の新曲「少年少女」7/21発売

銀杏BOYZの新曲「少年少女」が7月15日(木)から放送のオリジナルTVアニメ『Sonny Boy』の主題歌に起用された。 今回のアニメに向けて書き下ろされた表題曲の他に、カップリングに2019年12月に開催されたイベント〈空気階段の大踊り場〉出演時の生

TVアニメ『Sonny Boy』で銀杏BOYZがアニメ主題歌を初担当

TVアニメ『Sonny Boy』で銀杏BOYZがアニメ主題歌を初担当

2021年に放送となるオリジナルTVアニメ『Sonny Boy』の主題歌を、銀杏BOYZが担当することが決定。 今回のアニメに向けて書き下ろした新曲「少年少女」が起用される。 <TVアニメ「Sonny Boy」ティザーPV> https://youtu.

銀杏BOYZ〈2020年銀杏BOYZの旅〉振替公演の開催中止が決定

銀杏BOYZ〈2020年銀杏BOYZの旅〉振替公演の開催中止が決定

2021年4月から開催を予定していた〈2020年銀杏BOYZの旅〉振替公演の開催中止が発表された。 現時点での新型コロナウイルス感染症の収束状況、及び公演を安全に行うガイドラインの状況に鑑み、今回の開催中止が決まったという。 購入のチケットについては払い

「銀杏BOYZ 年末のスマホライブ2020」はニューAL『ねえみんな大好きだよ』再現ライヴに

「銀杏BOYZ 年末のスマホライブ2020」はニューAL『ねえみんな大好きだよ』再現ライヴに

銀杏BOYZの無観客生配信ライヴ「銀杏BOYZ 年末のスマホライブ2020」開催がいよいよ12月26日(土)と近づいてきた。 

今回の無観客生配信ライヴ「銀杏BOYZ 年末のスマホライブ2020」では、今年の10月に約6年半ぶりに発売した、銀杏BOYZ

「銀杏BOYZ 年末のスマホライブ2020」詳細決定

「銀杏BOYZ 年末のスマホライブ2020」詳細決定

前作『光のなかに立っていてね』から約6年半ぶりとなるフル・アルバム『ねえみんな大好きだよ』を2020年10月21日に発売した銀杏BOYZ。 そんな中、今年8月に行った「銀杏BOYZ スマホライブ2020」につづき、2度目となる無観客生配信ライヴ「銀杏BO

銀杏BOYZ ニューAL収録曲"DO YOU LIKE ME"のMV公開

銀杏BOYZ ニューAL収録曲"DO YOU LIKE ME"のMV公開

銀杏BOYZが10月21日に発売の銀杏BOYZニューアルバム『ねえみんな大好きだよ』の1曲目に収録されている楽曲"DO YOU LIKE ME"のミュージックビデオを公開した。 MVは、仲野太賀、萩原みのりが出演している。 『ねえみんな大好きだよ』は全1

「UKPラジオ」にアート木下、峯田和伸、モーサム百々が登場

「UKPラジオ」にアート木下、峯田和伸、モーサム百々が登場

UK.PROJECTのPodcast番組「UKPラジオ」にART-SCHOOL・木下理樹、銀杏BOYZ・峯田和伸、MO'SOME TONEBENDER・百々和宏が登場する。 今晩10/12(月)21:00より配信開始のvol.14に、ART-SCHOOL

銀杏BOYZ、10/21発売New AL『ねえみんな大好きだよ』のジャケットと収録曲を公開

銀杏BOYZ、10/21発売New AL『ねえみんな大好きだよ』のジャケットと収録曲を公開

前作『光のなかに立っていてね』から約6年半ぶりとなる銀杏BOYZのフル・アルバム『ねえみんな大好きだよ』が10月21日に発売される。 本アルバムの、川島小鳥による撮り下ろし写真が使用されたジャケットと、収録曲が公開された。 アルバム尺は64分41秒。全1

銀杏BOYZ、6年ぶりニューAL10月21日(水)発売 & 無観客ライブ配信決定

銀杏BOYZ、6年ぶりニューAL10月21日(水)発売 & 無観客ライブ配信決定

銀杏BOYZが、ニューアルバム『ねえみんな大好きだよ』を10月21日(水)に発売することを発表した。 前作『光のなかに立っていてね』から約6年ぶりとなるフルアルバムは収録曲をはじめ、アルバムのジャケットや詳細につきましては追って発表されるとのことだが、リ

銀杏BOYZ、全編スマホ撮影〈スマホライブ2020〉8/12開催

銀杏BOYZ、全編スマホ撮影〈スマホライブ2020〉8/12開催

スペースシャワーが手掛ける有料課金型ライブ配信サービス〈LIVEWIRE〉。 8月12日(水)に銀杏BOYZのオンライン・ライヴ〈スマホライブ2020〉を生配信する。 オープニングシリーズ第1弾としてカネコアヤノ、くるり、Yogee New Waves、

Collapse

Articles

峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!

レヴュー

峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!

日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は…

銀杏BOYZ『ピンクローター』&GOING STEADY作品一挙販売開始

レヴュー

銀杏BOYZ『ピンクローター』&GOING STEADY作品一挙販売開始

原稿がすすまなくなったので、夜食を買いに傘をさしてコンビニへ向かった。屋根のあるガレージで女の子2人が、毛布にくるまって楽しそうに喋っている。彼女達の周りには、食べ終えたカップ・ラーメンの入れ物が落ちている。小田急沿線、参宮橋駅から歩いて5分のところ。深夜…

村井守(銀杏ボーイズ)×ECD対談 インタビュー by JJ(Limited Express(has gone?))

インタヴュー

村井守(銀杏ボーイズ)×ECD対談 インタビュー by JJ(Limited Express(has gone?))

銀杏ボーイズのビデオ・クリップ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の配信が開始した。それを記念して、何か企画をやりましょうと銀杏ボーイズと話していたら、ドラムの村井守はECDの大ファンとの情報が。年齢は18歳もはなれているけれど、自分の恋愛体験を赤裸々に綴る銀杏ボ…

銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』動画配信開始 text by 西澤裕郎

レヴュー

銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』動画配信開始 text by 西澤裕郎

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」は、ビッグコミックスピリッツで2005年から2008年6月まで連載されていた花沢健吾による漫画作品。20代後半の妄想ばかりの駄目男を描き、2000年代に生きる若者達の共感を獲得し、大きな反響を呼んだ。 2010年1月30日(土)…