artist image

ROVO

RockDance/Electronica

「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に'96年結成。 バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。 驚異のツインドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。 音と光、時間と空間が一体となった異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。 “フジロック・フェスティヴァル”、“ライジングサン・ロックフェスティヴァル”、“メタモルフォーゼ”、“朝霧JAM”、“アラバキ・ロックフェスティバル”など、大型フェス/野外パーティーにヘッドライナーとして連続出演。 2011年は、世界中のダンスミュージックシーンで活躍し続けるイギリスのテクノユニット「SYSTEM7」とのコラボレーション・プロジェクトを始動し、京都と東京での合体LIVEを大成功させた。 毎年恒例となったROVO主催の日比谷野音「MDTフェスティヴァル」は、2012年で10回目の開催を迎える。 国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。

Official site: http://www.rovo.jp/

Discography

Dance/Electronica

様々な音楽シーンの第一線で活躍するトップミュージシャン達が結集したオールスターバンドROVO。1996年の結成から24年間、バンドサウンドによるダンスミュージックシーンを確立し、けん引し続けてきた。驚異のツインドラムから叩き出される強靭なグルーヴを核に、6人の鬼神が生み出す音宇宙。音と光、時間と空間が一体となった異次元時空の中、どこまでも昇りつめてゆく非日常ライブは、ROVOでしか体験できない。フジロック・フェスティバルをはじめ、全国の音楽フェス/野外パーティーのヘッドライナーとして連続出演し、毎年5月にはROVO主催のパーティー「MDTフェスティバル」で、恒例の日比谷野音を熱狂させる。今作は、メンバー自身が「ROVO結成24年目にしてバンドの意思と楽曲と演奏が完全に一体化した」と説明する渾身の最高傑作。

6 tracks
Dance/Electronica

様々な音楽シーンの第一線で活躍するトップミュージシャン達が結集したオールスターバンドROVO。1996年の結成から24年間、バンドサウンドによるダンスミュージックシーンを確立し、けん引し続けてきた。驚異のツインドラムから叩き出される強靭なグルーヴを核に、6人の鬼神が生み出す音宇宙。音と光、時間と空間が一体となった異次元時空の中、どこまでも昇りつめてゆく非日常ライブは、ROVOでしか体験できない。フジロック・フェスティバルをはじめ、全国の音楽フェス/野外パーティーのヘッドライナーとして連続出演し、毎年5月にはROVO主催のパーティー「MDTフェスティバル」で、恒例の日比谷野音を熱狂させる。今作は、メンバー自身が「ROVO結成24年目にしてバンドの意思と楽曲と演奏が完全に一体化した」と説明する渾身の最高傑作。

6 tracks
Dance/Electronica

ROVO結成20周年記念、4年ぶり11作目のオリジナルアルバム!ROVO 結成20年にリリースするアルバム「XI (eleven)」は、今までにない新しい試みとこれまでの道程の延長に有る各曲の、それぞれの木目の荒さや細かさが混在しているという意味で、進化し続けるROVOというバンドの今現在を切り取ったヴィヴィットな内容になっている。特にゲストミュージシャン(ナカコー、U-zhaan)を迎えた楽曲は、未来に向けた新しい挑戦になった。(勝井祐二)

5 tracks
Dance/Electronica

ROVO結成20周年記念、4年ぶり11作目のオリジナルアルバム!ROVO 結成20年にリリースするアルバム「XI (eleven)」は、今までにない新しい試みとこれまでの道程の延長に有る各曲の、それぞれの木目の荒さや細かさが混在しているという意味で、進化し続けるROVOというバンドの今現在を切り取ったヴィヴィットな内容になっている。特にゲストミュージシャン(ナカコー、U-zhaan)を迎えた楽曲は、未来に向けた新しい挑戦になった。(勝井祐二)

5 tracks
Dance/Electronica

ROVO結成20周年を記念した、2008年〜2013年のベストセレクションアルバムが発売決定!オリジナルアルバム「NUOU」(2008年)、「RAVO」(2010年)、「PHASE」(2012年)、そしてROVO and System 7「Phoenix Rising LP」(2013年)の中から代表曲5曲と、2012年の日比谷野音LIVEアルバムから渾身の1曲を収録。珠玉の6曲70分の宇宙旅行!

6 tracks
Dance/Electronica

ROVO結成20周年を記念した、2008年〜2013年のベストセレクションアルバムが発売決定!オリジナルアルバム「NUOU」(2008年)、「RAVO」(2010年)、「PHASE」(2012年)、そしてROVO and System 7「Phoenix Rising LP」(2013年)の中から代表曲5曲と、2012年の日比谷野音LIVEアルバムから渾身の1曲を収録。珠玉の6曲70分の宇宙旅行!

6 tracks
Dance/Electronica

5 tracks
Dance/Electronica

5 tracks
Dance/Electronica

6 tracks
Dance/Electronica

4 tracks
Dance/Electronica

デミセミクエーバーの勝井祐二とBOREDOMSの山本精一を中心としたバンド、ROVO(ロヴォ)のアルバム。43分間の楽曲「PYRAMID」を収録

1 track
Dance/Electronica

デミセミクエーバーの勝井祐二とボアダムズの山本精一を中心とした新バンド、ROVOのファースト・フル・アルバム。「HORSES」「NUMA」他、全7曲を収録。

7 tracks
Dance/Electronica

デミセミクエーバーの勝井祐二とボアダムズの山本精一を中心としたROVOのデビュー・ミニ・アルバム。全4曲収録。

4 tracks
Dance/Electronica

System 7待望のニューミックスアルバム。新曲Field of Dreamsで始まる本作はRichie HawtinもTr7にremixで参加。

17 tracks

ダンス・ミュージック・ユニット、システム7が1994年に発表した2枚のアルバム『Fire』『Water』のリリース21年(2015年時)を記念して、コンセプトの異なるフル・アルバム2作を同時リリース。本作はシステム7名義でリリースされるダンス・アルバム。

11 tracks
Dance/Electronica
V.A.

菊池成孔を主宰とする、大友良英、芳垣安洋、栗原正巳、吉見征樹、大儀見元、他、メンバーも凄スギの11人編成のユニット。クラブミュージック最先端を往く超理論的にしてカオティックなサウンドは唯一無二。

2 tracks

News

〈ROVO presents MDT FOREST 2022〉開催決定

〈ROVO presents MDT FOREST 2022〉開催決定

〈ROVO presents MDT FOREST 2022〉が東京郊外の多摩あきがわライブフォレストにて7月23日(土)開催されることが発表された。 共演アーティストには初登場のマヒトゥ・ザ・ピーポーと、5年ぶりの共演となるOGRE YOU ASSHO

〈ボロフェスタ2021〉タイムテーブル発表 各日トリはROVO、クリープハイプ、くるり、MOROHA、BiSH、サニーデイ・サービス

〈ボロフェスタ2021〉タイムテーブル発表 各日トリはROVO、クリープハイプ、くるり、MOROHA、BiSH、サニーデイ・サービス

2021年10月29日(金)30日(土)31日(日)11月5日(金)6日(土)7日(日)に 京都で開催される〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉のタイムテーブルが発表された。 初の2週連続開催となる今回、1週目の10月29日はR

〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉第一弾でROVO、OGRE、でんぱ組.inc、MOROHA、愛はズ、羊文学ら豪華29組決定

〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉第一弾でROVO、OGRE、でんぱ組.inc、MOROHA、愛はズ、羊文学ら豪華29組決定

今年20周年を迎える京都の音楽フェス・ボロフェスタが、〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉の詳細と第一弾出演アーティストを発表した。 毎年秋に京都KBSホールにて開催してきたボロフェスタ。昨年は新型コロナウイルスの影響により残念

ROVO結成25周年ライヴを名古屋と東京で開催

ROVO結成25周年ライヴを名古屋と東京で開催

ROVOが2021年秋、結成25周年記念ライヴを名古屋と東京で開催することを発表した。 ガイドラインを遵守してキャパシティーを半分以下に限定、安全安心に開催される今回、名古屋はホームグラウンドのTOKUZO、東京は実に7年ぶりとなるリキッドルーム公演とな

SONYサブスク化プロジェクト第13弾でROVO全曲配信が決定

SONYサブスク化プロジェクト第13弾でROVO全曲配信が決定

Sony Musicのアーカイヴ・セクションであるSony Music Directがお送りする90年代に活動していた邦楽アーティストに特化した配信・サブスク化プロジェクト〈DISCOVER the 90's〉第13弾アーティストにROVOが登場。 ソニ

ROVOがキセルとのツーマン〈MDT Fes Limited 2021〉日比谷野音で開催

ROVOがキセルとのツーマン〈MDT Fes Limited 2021〉日比谷野音で開催

ROVOが6月27日(日)に2年ぶりとなる日比谷野音でのライヴ〈ROVO presents MDT Festival Limited 2021〉開催を発表した。 2003年から2019年まで17年連続で開催してきた〈ROVO presents MDT F

View More News Collapse
〈フジロック'21〉第1弾で電気、RADWIMPS、King Gnu、平沢進+会人(EJIN)、羊文学、君島大空ら決定

〈フジロック'21〉第1弾で電気、RADWIMPS、King Gnu、平沢進+会人(EJIN)、羊文学、君島大空ら決定

2021年8月20日(金)21日(土)22日(日)の3日間、新潟県苗場スキー場で開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '21〉の出演アーティスト第1弾が発表された。 3日間それぞれのヘッドライナーとして、20日にRADWIMPS、21日にKi

ROVO、ニュー・アルバム『ROVO』発売記念ライヴの東京公演をリアルタイムで無料配信決定

ROVO、ニュー・アルバム『ROVO』発売記念ライヴの東京公演をリアルタイムで無料配信決定

結成24年目にして、セルフ・タイトルが冠せられたニュー・アルバム『ROVO』を先日9月9日に発売したROVO。 そんな彼らが、10月25日に渋谷TSUTAYAO-EASTで行うレコ発ワンマン・ライヴ東京公演を、リアルタイムで無料配信することが決定した。

ROVO12作目のアルバム『ROVO』本日リリース、"ARCA"のMVとライヴ出演情報が解禁

ROVO12作目のアルバム『ROVO』本日リリース、"ARCA"のMVとライヴ出演情報が解禁

結成24年目のROVOが、4年ぶり12作目のニューアルバム『ROVO』を本日リリース。ハイレゾ・ロスレス共にダウンロードはOTOTOYで独占配信中。さらにアルバムから"ARCA"のMVが公開、リリースを記念したライヴの名古屋・東京公演も発表された。 勝井

ROVOが4年振りニューAL『ROVO』を9月9日発売

ROVOが4年振りニューAL『ROVO』を9月9日発売

結成24年目を迎えるROVOが4年振りにニュー・アルバム『ROVO』を9月9日発売することが決定した。 自らのバンド名を冠するタイトルとなった今作は「ROVO結成24年目にしてバンドの意思と楽曲と演奏が完全に一体化した最高傑作」とメンバーが説明するほどの

ROVO主催〈MDTフェス2020〉をオンラインパーティーとして有料配信開催

ROVO主催〈MDTフェス2020〉をオンラインパーティーとして有料配信開催

毎年5月に日比谷野音で開催されている、恒例のROVO主催パーティー〈MDTフェスティバル〉。 昨年まで17年連続で開催、通称「宇宙の日」として人気を集め、2020年も5月10日(日)にYOUR SONG IS GOODとtoconomaを迎えて開催される

〈FUJI ROCK FESTIVAL '20〉出演日別の第2弾出演者発表

〈FUJI ROCK FESTIVAL '20〉出演日別の第2弾出演者発表

8月21日(金)22日(土)23日(日)新潟県 湯沢町 苗場スキー場で開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '20〉。 その第2弾出演者が発表され、全ヘッドライナーが出揃った。また、各アーティストの出演日も合わせて発表された。 8月21日(金

【今年もやってくる】トクマルシューゴ、toeを迎え〈ROVO presents MDT FESTIVAL 2019〉開催

【今年もやってくる】トクマルシューゴ、toeを迎え〈ROVO presents MDT FESTIVAL 2019〉開催

毎年5月に行われる、恒例のROVO主催ライヴイベント〈MDT Festival〉。 今年も、東京・日比谷野外大音楽堂にて5月6日(月・祝)〈ROVO presents MDT FESTIVAL 2019〉の開催が決定した。 出演者は、ROVO、トクマルシ

〈夏の魔物2018 in TOKYO〉第4弾で4年ぶり登場でんぱ組.inc、サニーデイ、ROVO、アーバンギャルド、Wienners、アプガ、せの、二丁魁ら14組決定

〈夏の魔物2018 in TOKYO〉第4弾で4年ぶり登場でんぱ組.inc、サニーデイ、ROVO、アーバンギャルド、Wienners、アプガ、せの、二丁魁ら14組決定

9月2日にお台場野外特設会場J地区で開催されるロックフェステ ィバル『J-WAVE主催 UDO ARTISTS 50th Anniversary 夏の魔物2018 in TOKYO』の出演アーティスト第四弾が発表された。 今回発表されたのは、でんぱ組.i

音楽留学したシシド・カフカ、アルゼンチン発祥のリズム・イベント〈el tempo〉を日本に輸入!

音楽留学したシシド・カフカ、アルゼンチン発祥のリズム・イベント〈el tempo〉を日本に輸入!

シシド・カフカが、7月12日(木)のLINE LIVE内でリズム・イベント〈el tempo〉を本人主宰で開催することを発表した。 〈el tempo〉は、100種を超えるハンド・サインを“コンダクター”が操り指示を出すことで、複数の奏者による即興演奏を

ROVO、恒例の野音〈MDT Festival 2018〉に坂本慎太郎、GOMA & THE JUNGLE RHYTHM SECTION出演

ROVO、恒例の野音〈MDT Festival 2018〉に坂本慎太郎、GOMA & THE JUNGLE RHYTHM SECTION出演

ROVOが、1年ぶりのツアーと恒例の日比谷野音「ROVO presents MDT Festival」を今年も開催する。 MDTフェスティバルは5月4日(祝)で、ひさしぶりにゴールデンウィークでの開催。 毎年、最高のアーティストを迎えて開催されるMDTフ

毎年恒例のROVO野音 今年はオウガ、D.A.N.が出演

毎年恒例のROVO野音 今年はオウガ、D.A.N.が出演

ROVOがライヴ・イベント〈MDT FESTIVAL 2017〉を5月28日(日)に日比谷野外音楽堂にて開催。また名古屋、京都、岡山を巡るツアーの詳細も発表した。 ROVOの日比谷野音での〈MDT FESTIVAL〉は今年で開催15年目を迎える。毎年、豪

ROVO、新作アルバムは『XI(eleven)』 ナカコー&ユザーンのゲスト参加も

ROVO、新作アルバムは『XI(eleven)』 ナカコー&ユザーンのゲスト参加も

ROVOがニュー・アルバム『XI(eleven)』を10月26日(水)にリリースすることが決定。それに伴い、リリース・ツアーを開催することも発表された。 今年バンド結成20周年を迎えるROVO。新作『XI(eleven)』は全5曲入り。新曲4曲のほか、初

結成20周年のROVO、集大成となる4年ぶりのオリジナル・アルバムを10月リリース! レコ発ツアーも決定!!

結成20周年のROVO、集大成となる4年ぶりのオリジナル・アルバムを10月リリース! レコ発ツアーも決定!!

結成20周年を迎えたROVOが、約4年ぶりのオリジナル・アルバム(タイトル未定)を10月26日にリリースすることがわかった。 今年バンド結成20周年を迎え、5月にはアニヴァーサリー・ツアーと日比谷野音での〈MDT Festival〉を大成功させたROVO

〈sea of green 2016〉第1弾でROVO、Polarisら決定

〈sea of green 2016〉第1弾でROVO、Polarisら決定

秋の野外ミュージックフェス〈sea of green 2016〉が開催されることが決定した。 好評を得た昨年に引き続き、福井県麻那姫湖青少年旅行村にて2016年10月15日(土)~10月16日(日)の2日間にわたりおこなわれる。 出演者は、テクノ・ハウス

原田仁(ROVO)、しょうもにゅーすに5kg減量を自ら報告――しょうもにゅーす

原田仁(ROVO)、しょうもにゅーすに5kg減量を自ら報告――しょうもにゅーす

結成20周年を迎え、日比谷野音での〈MDTフェスティヴァル2016〉も大成功させたROVO。 そのベーシストとして熱狂のグルーヴをコントロールする原田仁が、先日、体重を5kg落とした模様。 2013年6月12日の「しょうもにゅーす」で2kg減量したことが

ROVO、2015年〈MDTフェスティヴァル〉ライヴ音源フリーDL配信を実施

ROVO、2015年〈MDTフェスティヴァル〉ライヴ音源フリーDL配信を実施

国内外で幅広い音楽ファンから絶大な人気を集める、唯一無二のダンス・ミュージック・バンドROVO。 結成20周年記念企画として、2015年の日比谷野音〈MDTフェスティヴァル〉ライヴ音源の期間限定フリーダウンロード配信を開始した。 ライヴ音源は、4曲55分

フリースタイルならぬ”フリーフォーマットバトル”〈自家発電ダンジョン〉開催決定、オープンマイク枠一般エントリー受付中

フリースタイルならぬ”フリーフォーマットバトル”〈自家発電ダンジョン〉開催決定、オープンマイク枠一般エントリー受付中

今が旬なマガイモノ!? 「フリースタイル」ならぬ”フリーフォーマットバトル”〈自家発電ダンジョン〉が開催決定! 音楽、コント、ストリップ、落語、何でもありの1vs1バトル! BiS階段発祥、ガマの油、手打ちうどん職人から、玉袋筋太郎、戸川純、清野とおるな

ROVO〈結成20周年記念ツアー〉&〈20周年記念MDTフェス〉開催決定

ROVO〈結成20周年記念ツアー〉&〈20周年記念MDTフェス〉開催決定

1996年に結成され、今年でバンド結成20周年を迎えるROVO 結成20周年を記念して、〈ROVO 20th Anniversary LIVE TOUR 2016〉と日比谷野音での主催イベント〈ROVO 20th Anniversary MDT Fest

Collapse

Articles

ROVO、24年目のセルフ・タイトル・アルバム──ハイレゾ・ロスレス版独占配信

インタヴュー

ROVO、24年目のセルフ・タイトル・アルバム──ハイレゾ・ロスレス版独占配信

ROVO、4年ぶりととなる新作『ROVO』がここにリリースされた。凄腕のミュージシャンたちが生成する、個、そしてバンドとしての音が交叉する濃密なる6曲。OTOTOYではハイレゾ・ロスレス版ともに独占配信。その鉄壁のライヴ・パフォーマンスが封じられたコロナ禍…

OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位

コラム

OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位

2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50…

ROVO、20周年記念、11作目のアルバムを独占ハイレゾ配信──山本精一インタヴュー

インタヴュー

ROVO、20周年記念、11作目のアルバムを独占ハイレゾ配信──山本精一インタヴュー

ROVOの記念すべき、20周年イヤー。OTOTOYでもハイレゾ配信中の2008年〜2013年のベスト・セレクション・アルバム『selected 2008-2013』に続いて、待望の4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『XI (eleven) 』をこのたびリリ…

ROVO、結成20周年記念ベスト・セレクション・アルバムをハイレゾ配信

レヴュー

ROVO、結成20周年記念ベスト・セレクション・アルバムをハイレゾ配信

イギリスの地で約30年もの昔、音楽に訪れた2度目の「愛の季節」と呼ばれたダンス・カルチャーの美しき熱狂。あの季節はまだまだ終わらない。その熱はいまだにダンス・ミュージック、いやポップ・ミュージックのそこかしこに音楽の刺激的な花を咲かしている。1990年代後…

ROVOの2年ぶり10作目となるオリジナル・アルバムを配信開始!!

レヴュー

ROVOの2年ぶり10作目となるオリジナル・アルバムを配信開始!!

唯一無二のダンス・ミュージック・バンド、ROVOが、2年ぶり10作目となるオリジナル・アルバムを完成。毎年恒例となった日比谷野音での「ROVOプレゼンツMDTフェスティヴァル」が今年6月に10周年を迎え、更に勢いを増している彼らのグルーヴは留まることを知ら…

ROVO×SYSTEM7『PHOENIX RISING LIVE in KYOTO 29.10.2011』

レヴュー

ROVO×SYSTEM7『PHOENIX RISING LIVE in KYOTO 29.10.2011』

'''京都で行われたROVO×SYSTEM7のライヴ音源を配信リリース!'''ROVOとSYSTEM7が合体融合して行った「Phoenix Rising Tour」はいずれも満員御礼の大盛況で幕を閉じた。なかでも、彼らが初めて合流して演奏した舞台となった京…

ROVO×SYSTEM 7コラボレーション・アルバム配信&勝井佑二インタビュー!

インタヴュー

ROVO×SYSTEM 7コラボレーション・アルバム配信&勝井佑二インタビュー!

伝説のプログレ・バンドGONGのメンバーでもあったSYSTEM 7と、5月のMAN DRIVE TRANCE@日比谷野外音楽堂でも大熱狂を巻き起こした日本が誇るダンス・ミュージック・バンドの最高峰ROVOがコラボレーション・アルバムを発売。10月には、カッ…