帝国喫茶

Rock

Discography

Rock
バンドを本格始動して僅か1年ながらミュージックシーンの一頭地を抜く帝国喫茶がファーストアルバム『帝国喫茶』を発表。初期メンバーにより録音された自主制作音源EP『開店』(2021年10月発表)のリレコーディング楽曲なども含まれている。まさに名刺代わりになる1枚は、その名も『帝国喫茶』。彼らは明らかに同年代の中で一頭地を抜いており、東京・大阪・名古屋のクラブサーキットイベントでは耳の早いミュージックラバーたちが集まり入場規制も記録された。心気充実な状態の中、満を持して完成されたファーストアルバムだが、12曲中8曲はメインメロディーメイカーの疋田が作詞作曲を担当。
12 tracks
Rock
バンドを本格始動して僅か1年ながらミュージックシーンの一頭地を抜く帝国喫茶がファーストアルバム『帝国喫茶』を発表。初期メンバーにより録音された自主制作音源EP『開店』(2021年10月発表)のリレコーディング楽曲なども含まれている。まさに名刺代わりになる1枚は、その名も『帝国喫茶』。彼らは明らかに同年代の中で一頭地を抜いており、東京・大阪・名古屋のクラブサーキットイベントでは耳の早いミュージックラバーたちが集まり入場規制も記録された。心気充実な状態の中、満を持して完成されたファーストアルバムだが、12曲中8曲はメインメロディーメイカーの疋田が作詞作曲を担当。
12 tracks
Rock
若者特有の初期衝動と疾走感を持ち合わせたポップなロックンロールを鳴らす、大阪の4ピースバンド帝国喫茶。6月1日にまだ見ぬ多くの聴き手との出逢いを希求した1st EP『まちあわせ』をリリースするや、疾走と刹那を持ち合わせた収録曲『じゃなくて』が全国各地のFM局でヘビーローテーションに選出されるなど、まだ見ぬ多くの聴き手と実際に出逢えた音源となる。そんな絶好調な状況の中、今後の彼らのアンセムになりそうなポテンシャルを持った新曲『ガソリンタンク』をリリース。
1 track
Rock
若者特有の初期衝動と疾走感を持ち合わせたポップなロックンロールを鳴らす、大阪の4ピースバンド帝国喫茶。6月1日にまだ見ぬ多くの聴き手との出逢いを希求した1st EP『まちあわせ』をリリースするや、疾走と刹那を持ち合わせた収録曲『じゃなくて』が全国各地のFM局でヘビーローテーションに選出されるなど、まだ見ぬ多くの聴き手と実際に出逢えた音源となる。そんな絶好調な状況の中、今後の彼らのアンセムになりそうなポテンシャルを持った新曲『ガソリンタンク』をリリース。
1 track
Rock
帝国喫茶の1st EP。 弾けるように頭から歌い出す流れも含めて、駆け抜けていく疾走感に聴き惚れる。まさしく1曲目にふさわしい「じゃなくて」。続く「燦然と輝くとは」も真っ直ぐな性急さを感じるも、「命捨てたロックスターに捧ぐ」という歌詞では刹那も感じさせる。伸びやかな歌い声が沁みるミディアムテンポの「and i」は、間奏からの突然なテンポアップに惹きこまれていく。ラスト「心の窓辺」は、北欧を感じさせるメロディーに歌謡曲テイストも入る不思議なナンバー。全てタイプが違う楽曲が味わえる1st EP。
4 tracks
Rock
帝国喫茶の1st EP。 弾けるように頭から歌い出す流れも含めて、駆け抜けていく疾走感に聴き惚れる。まさしく1曲目にふさわしい「じゃなくて」。続く「燦然と輝くとは」も真っ直ぐな性急さを感じるも、「命捨てたロックスターに捧ぐ」という歌詞では刹那も感じさせる。伸びやかな歌い声が沁みるミディアムテンポの「and i」は、間奏からの突然なテンポアップに惹きこまれていく。ラスト「心の窓辺」は、北欧を感じさせるメロディーに歌謡曲テイストも入る不思議なナンバー。全てタイプが違う楽曲が味わえる1st EP。
4 tracks