2022/10/05 18:00

結成10周年を迎えた、とけた電球──待望の初フル・アルバムに込めた温もりと軌跡

とけた電球 [横山航大(Ba) / 岩瀬賢明(Vo/Gt)/ 高城有輝(Dr) / 境直哉(Key)]

バンド結成10周年を迎え、初のフル・アルバム『piece of film』をリリースした、とけた電球。10月9日からは、東名阪をまわる初のワンマン・ツアーも開催する。結成10年を迎えたと同時に、アルバムのリリースにワンマン・ツアーと、“はじめて”尽くしとなった彼らはいまなにを思うのか。「いまででいちばん新鮮な気持ちでリリースする」と語る本作の制作過程と、ツアーへの意気込みを語ってもらった。

とけた電球初のフル・アルバムはこちら!


INTERVIEW : とけた電球

とけた電球は結成してからの10年間、シングルやEPをコンスタントに発表することで、リスナーへグッド・ミュージックを絶えず届けてきた。そしてついにリリースされる待望のファースト・フル・アルバムは、全15曲のうち11曲が新録という、期待感たっぷりな1枚だ。いざ聴いてみると、その期待以上の楽曲ばかりが収録されている。なかには結成当初に作った曲も収録されていたりと、いまの彼らだからこそ制作できたアルバムであると同時に、とけた電球の10年間の軌跡を感じるのにもってこいの作品でもあるだろう。渾身のバンド・サウンドをぜひ堪能してもらいたい。

インタヴュー・文:梶野有希
写真:作永裕範

いまやりたいことを詰め込んだ素敵な1枚

──初のフル・アルバムですが、制作のきっかけは何でしたか。

境直哉(Key) (以下、境):スタッフさんから「フル・アルバムを作ろう」というお話をいただいたんです。いままではこまめにリリースしてきたんですけど、アルバムとなると曲数が必要なので、ある程度の曲数をストックするところからのスタートでした。

──全15曲のうち11曲が新録ですが、制作はやはり大変でした?

岩瀬賢明(Vo/Gt)(以下、岩瀬):僕は曲を書くのが比較的遅いうえに、締め切りもあるという状況下で、曲をたくさん作らないといけなかったので、なかなかハードな制作でした。

──完パケは今年の6月中旬頃とのことですが、完成から数ヶ月経ったいま、どんな1枚になりましたか?

岩瀬:初のフル・アルバムなので、10年間バンドをやってきたなかで、いちばん新鮮な気持ちでリリースします。いままでにないタイプの曲もあるのでバラエティ豊かだし、とけた電球がいまやりたいことを詰め込んだ素敵な1枚になりました。ツアーも控えているので、ライヴでは収録曲がどういう風になるのかワクワクします。

横山航大(Ba)(以下、横山):コロナ禍で心境が変わったり、ライヴ数が減ったりしたなかで、曲もメンバーの意識も、少しずつ成長や変化をしていったんです。その過程が映されたアルバムかなと。

:今作はアレンジにもたくさん携わらせてもらったのですが、全体を通していままでよりも自由な発想で作れました。特にドラムの音作りやビート感は、プロデューサーの矢野博康さんも一緒に音作りをしてくださったんです。貴重な経験もさせてもらいつつ、まだできないことがあると実感もしましたが、総じて自由に、かつ楽しく制作できました。

高城有輝(Dr)(以下、高城):とけた電球らしい1枚になりましたね。テンポも曲調も違う15曲が収録されているので、色々な曲を作れるという僕らの強みがちゃんと出ているし、アルバム制作を通じて岩瀬はおもしろいソング・ライターだなと改めて思いましたね。

──制作はどのように進めていきましたか?

高城:普段はバンドで合わせながら曲作りをしていますけど、コロナの影響もあり、オンラインでの作業がメインでした。だからレコーディングではじめてみんなで合わせる曲も多かったんです。ドラムを叩いている身としては、レコーディングのときにようやく曲に息が吹き込まれる感じがして。そういった温度感も詰まっていると思いますね。

横山:スタジオでのセッションは、ほぼなかったよね。

:うん。岩瀬が弾き語りのデモを送ってきてくれて。そこにキーボードとか上物の音をオンライン上で足していきつつ、みんなで話し合いながら作っていったんです。

──そうだったんですね。全曲を通して、各パートの見せ場もありつつ、存在感がしっかりとあって、バランスのとれた音作りをされていると感じました。

:プレイヤーとして癖の強い人たちが集まっているバンドだと思うんですけど、楽器隊の僕らのなかに「あくまでも中心は歌」という共通認識があるので、そういった塩梅になったのかなと。

この記事の筆者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.205 映像作品を縁取る音

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.205 映像作品を縁取る音

いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

TWEEDEES『World Record』を2名の評者が徹底レビュー!──メッセージ性や音質の違いに迫る

TWEEDEES『World Record』を2名の評者が徹底レビュー!──メッセージ性や音質の違いに迫る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.197 2022年のベストライヴ10

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.197 2022年のベストライヴ10

Half time Oldが綴る世の中へのアイロニーと希望──「成長」をテーマに制作した、フル・アルバム

Half time Oldが綴る世の中へのアイロニーと希望──「成長」をテーマに制作した、フル・アルバム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.190 男女 “ふたり” のデュエット曲

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.190 男女 “ふたり” のデュエット曲

結成10周年を迎えた、とけた電球──待望の初フル・アルバムに込めた温もりと軌跡

結成10周年を迎えた、とけた電球──待望の初フル・アルバムに込めた温もりと軌跡

TikTokで話題のドラマー、葵がアーティスト・デビュー! "青い"プロジェクトで魅せる、本当の自分

TikTokで話題のドラマー、葵がアーティスト・デビュー! "青い"プロジェクトで魅せる、本当の自分

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.184 愛犬といつか音楽を

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.184 愛犬といつか音楽を

大幅なアップデートを遂げた、神はサイコロを振らない ── 最新シングルとライヴを通じて、その理由を探

大幅なアップデートを遂げた、神はサイコロを振らない ── 最新シングルとライヴを通じて、その理由を探

願うは、愛と平和。──希望を届ける、神はサイコロを振らない〈Live Tour 2022「事象の地平線」〉ファイナル公演

願うは、愛と平和。──希望を届ける、神はサイコロを振らない〈Live Tour 2022「事象の地平線」〉ファイナル公演

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

先週のオトトイ(2021年2月1日)

先週のオトトイ(2021年2月1日)

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

TOP