2022/07/12 17:00

REVIEWS : 046 ポップ・ミュージック(2022年6月)──高岡洋詞

"REVIEWS"は「ココに来ればなにかしらおもしろい新譜に出会える」をモットーに、さまざまな書き手がここ数ヶ月の新譜から9枚(+α)の作品を厳選し、紹介するコーナーです(ときに旧譜も)。今回は高岡洋詞による“ポップ・ミュージック”。SSWからベテラン・プロデューサーによるプロジェクト、さらにはラップ / ヒップホップ、そして気鋭のトラックメイカー、はてはクラウドファンディングでなんと1300万円もの予算を集めたあのバブリーなユニットまで、もりだくさんの12枚をお届けします。

OTOTOY REVIEWS 046
『ポップ・ミュージック(2022年6月)』
文 : 高岡洋詞

Kabanagu 『ほぼゆめ』

神奈川県横須賀市出身のシンガー・ソングライター / トラック・メーカーのセカンド・アルバム。話題になった前作『泳ぐ真似』は未チェックで初めて聴いたが、 “しくみ” のフィールド・レコーディング的な音像(とその切り替え)に惹かれ、続く “いつもより” の後半の展開に引き込まれて、そのまま一気に聴けた。隙間が多く、柔和から尖鋭まで音色に幅のある電子音のなかから、明暗の対照が効いた歌が立ち上がってくるさまが美しい。事前の想像以上にシンガー・ソングライター然としていて、 “着いたら” “それでは” あたりには邦ロックっぽい感触さえある。リアルタイムでリミックスしていくような “熱気” にはワクワクした。メロディもすばらしいし、叙景的な歌詞を言葉少なにつぶやくような歌声も魅力いっぱい。

OTOTOYでの配信購入(ハイレゾ版)はコチラへ
OTOTOYでの配信購入(ロスレス版)はコチラへ

冨田ラボ 『7+』

ジャズのブラジル録音LPっぽいジャケットから浮かぶイメージ通り、ソウル、R&B、フュージョン、AOR、ヒップホップ、ボサ・ノヴァ、南米の前衛音楽などなど、ジャズにルーツを持つ各種ポップ・ミュージックのエッセンスを2022年ならではの日本語歌謡に収斂させたような傑作(ラテン語のインタールードもまたすごい)。ぷにぷに電機から細野晴臣までシンガー選びも例によって絶妙。 “ディストピア” のめくるめく展開は圧巻だ。シングルとして出ていた最後の2曲はボーナス・トラック的な位置づけと思われるが、 “さあ話そう” のSlowed & ReverbedはDJスクリューみたいで驚かせるし、 “MIXTAPE” はメロディやフレーズの断片をメガミックスした長尺のインスト。この壮大なイマジネーションはアルバム単位で、いい音で味わいたい。

Rude-α “うむい”

ソニーから独立して沖縄に戻ったラッパーの第3弾シングルは、故郷の歴史と向き合った渾身の作。思いのほどは前に聞いていたが(https://freenance.net/media/interview/14702/)、言葉遣いもメロディもどこまでも素直で、Rudeの人柄をこれまででいちばんリアルに感じられる気がする。「大和の世(ゆ)からアメリカ世/アメリカ世から大和の世/全て乗り越え ミーファイユー/人が人を愛する世」のフックは、彼自身の音楽歴と重なるように聞こえる。島袋優(BEGIN)との新旧世代コラボも温かく力強い。いつ会ってもエネルギーの塊のような人だが、MVのなかで摩文仁の丘をバックに歌う姿は、東京にいたころよりもいきいきとのびやかに見えた。7月13日にリリースされるというEP『Independent』が待ち遠しい。

OTOTOYでの配信購入(ロスレス版)はコチラへ

この記事の筆者
高岡 洋詞

フリー編集者/ライター。 近年はインタヴュー仕事が多いです。 https://www.tapiocahiroshi.com/

REVIEWS : 053 ポップ・ミュージック(2023年12月)──高岡洋詞

REVIEWS : 053 ポップ・ミュージック(2023年12月)──高岡洋詞

世の中を静観し、様々な“世界”を旅したTWEEDEESが新作でみせたい夢

世の中を静観し、様々な“世界”を旅したTWEEDEESが新作でみせたい夢

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

REVIEWS : 051 ポップ・ミュージック(2022年9月)──高岡洋詞

REVIEWS : 051 ポップ・ミュージック(2022年9月)──高岡洋詞

”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

REVIEWS : 046 ポップ・ミュージック(2022年6月)──高岡洋詞

REVIEWS : 046 ポップ・ミュージック(2022年6月)──高岡洋詞

こんな世の中だからこそ『gokigen』に──chelmico、2年ぶりのフル・アルバム

こんな世の中だからこそ『gokigen』に──chelmico、2年ぶりのフル・アルバム

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

REVIEWS : 042 ポップ・ミュージック(2022年3月)──高岡洋詞

REVIEWS : 042 ポップ・ミュージック(2022年3月)──高岡洋詞

まだまだ輝く、どこまでも輝くヒップホップ・ドリーム──サ上とロ吉、新作『Shuttle Loop』

まだまだ輝く、どこまでも輝くヒップホップ・ドリーム──サ上とロ吉、新作『Shuttle Loop』

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

REVIEWS : 039 ポップ・ミュージック(2021年12月)──高岡洋詞

REVIEWS : 039 ポップ・ミュージック(2021年12月)──高岡洋詞

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

REVIEWS : 032 ポップ・ミュージック(2021年9月)──高岡洋詞

REVIEWS : 032 ポップ・ミュージック(2021年9月)──高岡洋詞

REVIEWS : 026 ポップ・ミュージック(2021年6月)──高岡洋詞

REVIEWS : 026 ポップ・ミュージック(2021年6月)──高岡洋詞

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

3つの視点のクロス・レヴューで迫る、BRADIOの魅力の正体

3つの視点のクロス・レヴューで迫る、BRADIOの魅力の正体

REVIEWS : 014 ポップ・ミュージック(2021年1月)──高岡洋詞

REVIEWS : 014 ポップ・ミュージック(2021年1月)──高岡洋詞

ヒナタとアシュリー、ボーナストラック付きEP『longing E.P.』配信開始&インタヴュー掲載

ヒナタとアシュリー、ボーナストラック付きEP『longing E.P.』配信開始&インタヴュー掲載

アイドルネッサンス、シングル3タイトルを独占ハイレゾ配信開始

アイドルネッサンス、シングル3タイトルを独占ハイレゾ配信開始

男女ツインボーカル、うたたねの1stミニ・アルバムをハイレゾ配信

男女ツインボーカル、うたたねの1stミニ・アルバムをハイレゾ配信

TOP