Monthly Best Selling (Jazz/World) Albums

1

Ryuichi Sakamoto | Playing the Piano 2013 in Yokohama(24bit/192kHz)
High Resolution

Ryuichi Sakamoto | Playing the Piano 2013 in Yokohama(24bit/192kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

「響き」と「空間」を音と映像を存分に満喫できるの決定盤。2013年3月3日に行われた。

2

IHATOV
High Resolution

IHATOV

Jazz/World

Khamai Leon

エクスペリメンタル・クラシック バンドKhamai Leon(読み方:カメレオン)が2022年5月にリリースされた「hymn」以来およそ2年ぶりとなるアルバム「IHATOV(読み方:イーハトーヴ)」をリリース決定!! 1stアルバム『hymn』はその高度な演奏力とハイクオリティな楽曲の構成力で音楽シーンにおいて一躍注目を集め、フジロックフェスティバル2022ROOKIE A GO-GOにも出演。初のリリースツアーを経てからは各地のライブハウスに精力的に出演を重ねた。ライブでの経験を経て制作された新曲は、Khamai Leonならではの構築度の高いアンサンブルと印象的なメロディライン、そして尾崎の疾走感溢れるラップが印象的なナンバーの「森」や。ミッドテンポの重心の低いビートとインダストリアルロックを彷彿とするハードなサウンドと尾崎が放つ焦燥感溢れるラップとリリックが印象的なナンバの「Skew」など全11曲が収録。 前作より一層開かれた世界観で新たなKhamai Leonのサウンドを提示する。2024年に向けてその活動がより注目される気鋭のバンドKhamai Leonの2ndアルバムを是非お聴きください!

3

ジブリ・ジャズ (24bit/96kHz)
High Resolution

ジブリ・ジャズ (24bit/96kHz)

Jazz/World

ALL THAT JAZZ

ヴィレッジ・ヴァンガード・チェーンを中心にメガ・ヒットした大ヒットアルバム『ジブリジャズ』<オール・ザット・ジャズ>が遂にハイレゾ音源化!2009年発売以来、ジャズでありながらPOP で、POP でありながらおしゃれで、大人も子供も楽しめるというジブリカバーの秀作です!「本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いてハイレゾ化した作品となります。」K2HD解説URLhttp://www.jvcmusic.co.jp/k2technology/k2hd/index.html

7

ぼっち
Lossless

ぼっち

Jazz/World

中山うり

2015年にライブ会場と自身のオンラインストア限定でCDのみ発表したギター弾き語りアルバム「ぼっち」がデジタルリリース。 デビュー当時の楽曲や、このアルバムのために制作された楽曲、かつてバンド編成で収録した楽曲まで、全ての楽曲がガットギターと声と口笛のみによる弾き語りアルバム。 シンプルで繊細な陰影が新鮮さを与え、何度聴いても飽きない魅力を持つ作品。CDの再プレスの要望が多くあったためデジタル配信でのリリースが決定。

8

The Best of 'Playing the Orchestra 2014’ 2nd(24bit/192kHz)
High Resolution

The Best of 'Playing the Orchestra 2014’ 2nd(24bit/192kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。

12

DOUBLE HAPPINESS
Lossless

DOUBLE HAPPINESS

Jazz/World

asuka ando

多幸感に溢れた「好吃」をはじめ、つい口ずさみたくなる名曲がぎっしり詰まったJapanese Lovers Rock新たなる名盤の誕生。おとな色を帯びたピンクとバイオレットのグラデーションを纏って「重ねることで生まれる喜び」(囍=DOUBLE HAPPINESS)を歌い綴ったasuka ando超待望の3rdアルバム!

13

LIVE at Liquid Room 2010.06.09 (24bit/48kHz)
High Resolution
Exclusive

LIVE at Liquid Room 2010.06.09 (24bit/48kHz)

Jazz/World

菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール

2010年6月9日、恵比寿Liquid Roomでおこわれた菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールのLIVEを完全収録し、24bit/48kHzの高音質音源(HQD)で独占配信! 菊地成孔曰く「完璧なバンド」と表現したこのバンドは今年で結成5周年を迎えた。その演奏は、繊細にしてドラマチック。弦楽器、ハープを要したオーケストラのコンダクトをとりながら、菊地成孔自らが奏でるむせび泣くようなSAXの音色は鳥肌もの。2時間以上にわたって繰り広げられ、高揚感に包まれたLIVEを丸ごと収録し、アンコール2曲も含め全14曲を余すことなくお届け! さらにアルバム・ダウンロードされた方には、菊地成孔のMCをプレゼント!! このアルバムを手にすれば、あの日、あの会場に居合わせた人も、そうでない人も、歴史的な公演がいつでも甦る超貴重音源です!!

14

BTTB (20th Anniversary Edition)
Lossless

BTTB (20th Anniversary Edition)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

1998年に発表したピアノ・アルバム「BTTB」の20周年記念盤の発売が決定! 98年に発売された初回限定盤に加え、翌年リリースされた「BTTB(通常盤)」に加えられた「snake eyes 」、「tong poo」。海外発売されたインターナショナル盤に収録された「reversing」。そして翌99年に発売され、大きな反響とセールスを記録したシングル「ウラBTTB」より「energy flow」も収録。 まさに「BTTB」完全盤!!

15

Merry Christmas Mr.Lawrence -30th Anniversary Edition- (5.6MHz dsd+mp3)
High Resolution

Merry Christmas Mr.Lawrence -30th Anniversary Edition- (5.6MHz dsd+mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

「戦場のメリークリスマス」のサウンドトラックが、オノセイゲンによるリマスタリングで甦る。映画を象徴するメイン・テーマをはじめ、坂本龍一の妙技が存分に詰め込まれた全45曲。DSD 5.6MHz、DSD 2.8MHz、WAV 24bit/96kHz、WAV 24bit/192kHzの高音質で。

Bonus!

16

Coda (5.6MHz dsd+mp3)
High Resolution

Coda (5.6MHz dsd+mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

『戦場のメリークリスマス』に収録された楽曲の中から、坂本龍一自身がピアノ一台で弾き直した楽曲を収録。オノセイゲンのリマスタリングで甦った美しい響き。DSD 5.6MHz、DSD 2.8MHz、WAV 24bit/96kHz、WAV 24bit/192kHzの高音質で配信中。

Bonus!

17

We're Here
Lossless

We're Here

Jazz/World

Alter Ego

2016年秋、突如公開されたMusic Video 「ペネロープに吹く風」が公開3ヶ月で10,000再生を突破、その後中国地方限定でミニアルバムをリリースしたピアノトリオ「Alter Ego」初の全国流通フル・アルバムが発売決定!

18

midnight solitude
Lossless

midnight solitude

Classical/Soundtrack

Wataru Sato

これまでGeckoとしてエレクトロニカ・ニューエイジ・バンド作品をリリースしてきた佐藤航が、ピアニストとしてリリースする、初の本名名義でのピアノソロ作品。Eric SatieやLudovico Eunandiに見られるミニマルで印象的な旋律、Nils FrahmやGoldmundを思わせる哀愁ただようアップライトピアノの音色。決して実験的でアブストラクトな作品ではなく、暗く悲しげだが耳に残る美しい旋律で溢れかえる「真夜中の孤独」を表現した作品だ。Wataru Satoは今年yuki murata(Anoice,films,etc.)との2台ピアノ形式での活動も開始し、ピアニスト・作曲家としての活動の幅を広げている。またErased Tapes等からリリースしているピアニストLubomyr Melnykに師事し、その独特な奏法を吸収し自身の作品に取り入れ始めている。 マスタリングはKASHIWA Daisuke氏。

19

freedom of the son
Lossless

freedom of the son

Jazz/World

Uyama Hiroto

プレイヤー・トラックメイカーとして nujabes ワークスを支え続けたキーパーソン、 Uyama Hiroto が構想 6 年に及ぶ衝撃の第二楽章が遂に幕を開ける。 2003 年にリリースされた nujabesmetaphorical musicにてLetter From Yokosukaを提供し、2005 年にリリースされたmodal soulでは タイトル曲にフィーチャーされる等、nujabes、hydeout produtions を創世記から支えて来た最重要人物である Uyama Hiroto。2008 年に同レーベル よりリリースされたデビューアルバムa son of the sunでは、記録的なセールスをたたき出し、多くのリスナーを今なお魅了し続けている。 それから 6 年、盟友として活動を共にして来た nujabes の他界という大きな障壁を乗り越え、イズムを後世に残し、さらに昇華させる為に 自らが主催となって立ち上げたレーベルroph reocrdingsより Uyama Hiroto の第二楽章が幕を開ける。 前作の序曲でもあった81summerの続章81 autmunからアルバムが幕をあける。今までのイメージを刷新するかのようなイントロから見事なまでに Uyama HIroto の世界観に彩られて行くCompass、生命の誕生とその力強さを表現した、最高峰の完成度を持つワルツWaltz for Life song for children、その他にも Five Deez の司令塔として数々の名曲を産み出して来た Fat Jon と同じくメンバーで、異才を放つPase Rock をはじめ、Nujabes 作品でも名曲を残す Cise Starr 等今までの活動を通じて培って来た集大成とも言える 15 曲が Uyama Hiroto の織りなす人間味のある暖かな世界観によって色彩豊かに彩られている。 nujabes が自身の制作のみならず、ライブ等音楽活動において絶対なまでに信頼を置き、前作a son of the sunを虚ろな模倣作品が氾濫する中、 聴けば分かる絶対オリジナルな感性の一番搾りとまで賛辞した感性の持ち主である Uyama Hiroto。前作から内容の濃い 6 年間というレイヤーを 重ね続け、凝縮されたマインドが遂に解き放たれたFreedom Of The Sonは 2014 年を代表する作品であり、roph recordings の根幹となる 名盤として今後も響き続けるだろう。

20

After Bach
High Resolution

After Bach

Jazz/World

Brad Mehldau

現在ジャズ・ピアノ界で最も影響力のあるブラッド・メルドーが、偉大なる音楽の大家を独自の感覚と解釈で演奏! 偉鍵盤楽器奏者、そして即興演奏の大家としてのバッハをテーマにした『アフター・バッハ』。 ジャズ、クラシックのジャンルを飛び越え、聴くものを圧倒! バッハが作曲した鍵盤楽器のための作品集『平均律クラヴィーア曲集(Well-Tempered Clavier)』から4つの前奏曲と1つのフーガを演奏。またそれぞれの楽曲の後には、ブラッド・メルドーが『平均律クラヴィーア曲集』からインスピレーションを受けて書いたオリジナル曲を収録。

21

Innocence
Lossless

Innocence

Classical/Soundtrack

Wataru Sato

2013年以降、Gecko名義でエレクトロニカ作品のリリースを重ね、近年はMotion Blue yokohama等の名門ジャズライブハウスでの公演を行う新進気鋭のピアノインストバンドGecko&Tokage Paradeのリーダー・メロディーメーカーでもある異色のピアニストWataru Satoによる2ndピアノソロアルバムが完成した。  前作"midnight solitude"同様、彼の自宅で全て制作・録音された今作。ピアノソロというシンプルな構成ながらも、Gecko&Tokage Paradeの楽曲に見られる彼特有の哀愁漂うメロディと音色が、より一層際立った作品となっている。  世界最速のミニマルピアニストLubomyr Melnykに師事し学んだ奏法、クラシック・ジャズ・フュージョンを横断し培った感性、Nils FrahmやOlafur Arnoldsを彷彿とさせるシンプルながらも美しい旋律。日本のポストクラシカル・ミニマルを担う新鋭のピアニストの注目作品である。

22

The Best of 'Playing the Orchestra 2014' 1st(24bit/192kHz)
High Resolution

The Best of 'Playing the Orchestra 2014' 1st(24bit/192kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。

23

THREE(24bit/96kHz)
High Resolution

THREE(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一の代表曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジをした「1996」以来の待望のアルバム!1996年、坂本龍一は「1996」と題したアルバムをリリースした。坂本の既存曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジ。セルフ・カバーであるそれらは、過去の代表作に再び命を吹き込む充実したアレンジと演奏で傑作と絶賛された。このアルバムはロングセールスとなり、またアルバム・リリース後におこなわれたワールド・ツアーでは世界中の観客たちを熱狂させた。そして、2011年秋このピアノ・トリオをヨーロッパで復活。チェロにはオリジナルメンバーで、坂本の朋友であるジャキス・モレレンバウム、ヴァイオリンにはオーディションで採用した新しい才能、ジュディ・カンを起用。新旧織り交ぜた選曲で再びヨーロッパの観客を魅了した。今回のアルバムは、ヨーロッパ・ツアー直後にスタジオ録音された完成度の高い、「1996」以来の待望のトリオ・アルバムです。

25

DUB IS THE UNIVERSE
Lossless

DUB IS THE UNIVERSE

Jazz/World

Likkle Mai

4thアルバム!TVCM『ポカリスエット』使用楽曲も収録!!さらに、ロッカーズ・スタイルのルーツ・レゲエ・クラシックのJOHNNY CLARKE『Every Knee Shall Bow』のカヴァーも収録! 全編バンド・サウンドによるプロダクションは、愛らしいロックステディから激渋ルーツ・ダブまで、レゲエの王道を完璧なまでに踏襲しつつも、独自の革新的なトラックの創造に挑戦。そのサウンドは、まさに「ルーツレゲエの未来形」! 演奏はLikkleMai Bandに加え、ハワイの人気バンドThe GreenやOoklah The Mocなどで活躍するBrad" BW "Watanabeも強力なトラックを提供している。 MIXを担当するのはご存知、内田直之。また、巨匠SCIENTISTとのスタジオセッションから生まれた「Open Your Eyes」を収録。

26

左うでの夢 (24bit/192kHz)
High Resolution

左うでの夢 (24bit/192kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

1981年10月5日にリリースされた坂本龍一の3作目のソロ・アルバム。リリースから30年以上の時を経て、オノセイゲンによってリマスタリングが施されたハイレゾ版が届けられた。坂本のヴォーカルを全面的にフィーチャーした作品となっており、作詞を糸井重里や矢野顕子、かしぶち哲郎が担当している。ディスク22には全曲のインストゥルメンタル・ミックス・マスターを収録。

Bonus!

27

Esperanto (5.6MHz dsd + mp3)
High Resolution

Esperanto (5.6MHz dsd + mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一が1985年に発表した自身5作目のソロ・アルバム。オノセイゲンによるDSDリマスタリングが施され、新たにボーナストラックとして2曲のライヴ音源を収録して登場。

Bonus!

28

ジブリ・ジャズ2 (24bit/96kHz)
High Resolution

ジブリ・ジャズ2 (24bit/96kHz)

Jazz/World

ALL THAT JAZZ

「ジブリジャズ」がロングセラーを続ける中で第二弾としてリリースされた「ジブリジャズ2」。発売から現在に至るまでロングセラーを続けるアルバムが遂にハイレゾ化!ジブリアイテムの定番となったジャズでありながらPOP で、POP でありながらおしゃれで、大人も子供も楽しめるというジブリジャズ同様にジブリカバーの秀作です!「本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いてハイレゾ化した作品となります。」K2HD解説URLhttp://www.jvcmusic.co.jp/k2technology/k2hd/index.html

Caution: The order might change without any notice because it depends on the genre which the musicians belong to.

json

TOP