Monthly Best Selling (Jazz/World) Albums

1

Dynamics(24bit/96kHz)
High Resolution

Dynamics(24bit/96kHz)

Jazz/World

H ZETTRIO

昨年、デビュー結成10周を迎え、「単一音楽ユニットによるデジタルシングル連続リリース月最多数」というカテゴリーでギネス世界記録を樹立したH ZETTRIOの9枚目のオリジナルアルバム「Dynamics」は、2019年から始まった連続配信シングルの記録的な軌跡を飾る12曲を収録している。また、ボーナストラックとして「Dynamics」のステム音源が3バージョン含まれており、ドラムとピアノ、ピアノとベース、ドラムとベースのペアによる生々しい演奏が堪能できる。

5

After Bach II
High Resolution

After Bach II

Jazz/World

Brad Mehldau

インプロヴィゼーションの源流はバッハにあり─。メルドー流バッハ、再びその極みへ… 現代ジャズ・ピアノ界で最も影響力を持ち、ジャズ・シーンの先鋭を歩み続けるブラッド・メルドーが、偉大なる音楽の大家を独自の感覚と解釈で再び紐解いていく。 バッハを独自の解釈で演奏し、ジャズとクラシックのジャンルを飛び越え聴くものを圧倒した2018年発表の作品の第二弾となる『アフター・バッハII』が堂々完成! もう一人の偉大なる音楽家、ガブリエル・フォーレをテーマにした作品も同時発売!

6

Revisit
High Resolution

Revisit

Jazz/World

VIDEOTAPEMUSIC

近年、日本国内の様々な土地でフィールドワークを行いながらの楽曲制作を行なっている VIDEOTAPEMUSICが、これまで滞在制作で訪れた館林(群馬)、野母崎(長崎)、須崎(高知)、塩尻(長野)、嬉野(佐賀)に加え、地元である東京都東大和市の多摩湖を再訪(=Revisit)し、再録音、再構築して制作した作品が完成。野母崎を題材にした楽曲には長崎出身のミュージシャン角銅真実の朗読をフィーチャリング。長崎在住のAkito Tabira、高知出身で須崎での滞在制作の経験もある oono yuukiといった楽曲を制作した土地とも関係の深い2人のアーティストによるリミックスも収録。各地でのフィールドレコーディング素材も多く使用されている今作のミキシング、マスタリングはアーティストとしても世界各国のレーベルからアンビエント・ドローン作品を多数リリースしている畠山地平が担当。

7

Jazz Today Giulietta Machine LIVE @KOEN-DORI CLASSICS
Lossless

Jazz Today Giulietta Machine LIVE @KOEN-DORI CLASSICS

Jazz/World

Giulietta Machine

2012年渋谷公園通りクラシックスで行われたアルバム「Machina Nostalgia」の発売記念公演の貴重なライブ音源。ゲストに青木タイセイ(tb)、笠原あやの(vc)、高遠彩子(vo)が参加。

9

atmosphere between
Lossless

atmosphere between

Jazz/World

Apneumo

ギター・ベース・ドラムから成るアンビエント・ジャズフュージョントリオApneumoがPlaywrightから2枚目のミニアルバムをリリース!今作はフォークトロニカの新星として数多くの美しいサウンドをうみだす [.que] (カキモトナオ)や、I Am Robot And Proud(トロントで活動する中国系カナダ人ショウハン・リームによるソロプロジェクト)、エレクトロニカシーンの一時代を築き第一線で素晴らしい音楽を生み出し続ける2人とのコラボレーションが実現した。 前作「薄明」(PWT82)に収録された“unknown years”は[.que]によるノスタルジックな美しいピアノの音が軸となり、日本の郷愁的な芳香が心を深く揺さぶる(3)。また、Gecko&Tokage Parade/colspanとの3マン企画から生まれた<TRINITY>コンピレーションに収録された”lay it on”は、I Am Robot And Proudにより原曲から大幅にリメイクされ、優しく温い音が心を満たす。(5、6) 惑星間ほどの果てしない距離(atmosphere between)―莫大な空間で繋がる2人のストーリーをテーマにした今作は、これまで以上に彼らのバックボーンにあるアンビエント・エレクトロニカに強く焦点が当たった作品に仕上がっており、詩的でパッショナブルなギター・リズム隊の有機的なアンサンブル、アトモスフェリックな煌めきを演出する無機的なシンセサイザー/シーケンスの二律背反した音が溶け合い、耳を洗うような美しい音を紡いでいる。

10

BLANK
Lossless

BLANK

Jazz/World

The KING LION

東北・秋田のオーセンティック・スカ・バンド、ザ・キングライオン。結成20周年にして15年ぶりとなるアルバムのリリースが決定!ジャマイカとほぼ同じ面積の秋田県で結成してから、多くのレジェンド達と共演し、世界でも稀に見る「キラー・スカ・バンド」としてコアなスカファンから愛されている。アルバムのライナーノーツを寄稿してくれたトロージャンズのギャズ・メイオールは「Incredible!(信じられない!)」と唸った。テーマでもある『退行という名の進化』の最新形となる、12曲の『SKA』を体感してください。 ゲスト参加のSHOW441(EL SKNK DI YAWDIE)の痛快なMCから始まる"Intro"、壮大なイントロに心躍る"64ska"、キレッキレで痛快なキラー・スカ"Cold Sugar"、「マイナーコードだけがキラー・スカではない」と気付かせてくれる不思議な世界観を放つ1曲"Tribute To Master"、ワクワクと外に飛び出したくなる陽気なスカ・ナンバー"Sun Sun"、女子ボーカルによるゴキゲンなスキャット・スカ"Skatman"、ハードコア・パンクにも通ずる攻撃的な顔を見せる"In The Green"、カルロス・サンタナの追演でも有名なフリートウッド・マック"Black Magic Woman"のスカ・カバー、切なさと哀愁が胸を打つ激渋インストゥルメンタル"Invisible"、深い世界に導かれるディープ・スカ・ナンバー"weeded"など、不器用なまでに「SKA」という音楽に拘りまくった、The KING LIONの20年が詰まった全12曲を収録。ディス・イズ・キラースカ。全てのスカ・ファンにお薦めしたい作品。

11

『 LIVE! 17才 』 at 下北沢GARDEN(DSD+mp3 ver.)
High Resolution
Exclusive

『 LIVE! 17才 』 at 下北沢GARDEN(DSD+mp3 ver.)

Jazz/World

パスカルズ

パスカルズより 「Live! 17才」の「吉祥寺スターパインズカフェ」への応援ですが、おかげさまで目標金額に達しました。 皆さま、ありがとうございます。 たくさんの方がアルバムを聴いてくださっていることを、本当にうれしく思っています。 まずは、5月いっぱいまでの金額を「吉祥寺スターパインズカフェ」にお渡し、 6月から、同じく「Live! 17才」を「横浜サムズアップ」への応援に向けたいと思います。 このような企画を設けていただいたOTOTOYにはとても感謝しています。 引き続き、少しでもサムズアップの力になれますようにお知らせを頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。 「LIVE!17才」について 2012年8月21日に下北沢ガーデンで行われた、アルバム「17才」(2012年9月2日リリース)の先行発売ライブを録音した物です。 ゲストミュージシャンに、斉藤哲也(アコーディオン、キーボード)関島岳郎(チューバ、リコーダー)が参加 しています。 また、この日の客席には、先日、天国に旅立たれた大林宣彦監督もいらっしゃいました。当時のパスカルズライブには、よく奥様の恭子さんと一緒に観に来て下さいました。毎回、暖かいことばでスピーチをして 下さったことが、とてもなつかしいです。(この録音には入っていませんが) どうぞ、この夜の記録を聴いて下さい。 一刻も早く、晴れ晴れとした日が戻ってきますように。 スターパインズカフェで演奏ができますように! みなさまのご協力をよろしくお願い致します。 パスカルズ ロケット・マツ

14

freedom of the son
Lossless

freedom of the son

Jazz/World

Uyama Hiroto

プレイヤー・トラックメイカーとして nujabes ワークスを支え続けたキーパーソン、 Uyama Hiroto が構想 6 年に及ぶ衝撃の第二楽章が遂に幕を開ける。 2003 年にリリースされた nujabesmetaphorical musicにてLetter From Yokosukaを提供し、2005 年にリリースされたmodal soulでは タイトル曲にフィーチャーされる等、nujabes、hydeout produtions を創世記から支えて来た最重要人物である Uyama Hiroto。2008 年に同レーベル よりリリースされたデビューアルバムa son of the sunでは、記録的なセールスをたたき出し、多くのリスナーを今なお魅了し続けている。 それから 6 年、盟友として活動を共にして来た nujabes の他界という大きな障壁を乗り越え、イズムを後世に残し、さらに昇華させる為に 自らが主催となって立ち上げたレーベルroph reocrdingsより Uyama Hiroto の第二楽章が幕を開ける。 前作の序曲でもあった81summerの続章81 autmunからアルバムが幕をあける。今までのイメージを刷新するかのようなイントロから見事なまでに Uyama HIroto の世界観に彩られて行くCompass、生命の誕生とその力強さを表現した、最高峰の完成度を持つワルツWaltz for Life song for children、その他にも Five Deez の司令塔として数々の名曲を産み出して来た Fat Jon と同じくメンバーで、異才を放つPase Rock をはじめ、Nujabes 作品でも名曲を残す Cise Starr 等今までの活動を通じて培って来た集大成とも言える 15 曲が Uyama Hiroto の織りなす人間味のある暖かな世界観によって色彩豊かに彩られている。 nujabes が自身の制作のみならず、ライブ等音楽活動において絶対なまでに信頼を置き、前作a son of the sunを虚ろな模倣作品が氾濫する中、 聴けば分かる絶対オリジナルな感性の一番搾りとまで賛辞した感性の持ち主である Uyama Hiroto。前作から内容の濃い 6 年間というレイヤーを 重ね続け、凝縮されたマインドが遂に解き放たれたFreedom Of The Sonは 2014 年を代表する作品であり、roph recordings の根幹となる 名盤として今後も響き続けるだろう。

17

midnight solitude
Lossless

midnight solitude

Classical/Soundtrack

Wataru Sato

これまでGeckoとしてエレクトロニカ・ニューエイジ・バンド作品をリリースしてきた佐藤航が、ピアニストとしてリリースする、初の本名名義でのピアノソロ作品。Eric SatieやLudovico Eunandiに見られるミニマルで印象的な旋律、Nils FrahmやGoldmundを思わせる哀愁ただようアップライトピアノの音色。決して実験的でアブストラクトな作品ではなく、暗く悲しげだが耳に残る美しい旋律で溢れかえる「真夜中の孤独」を表現した作品だ。Wataru Satoは今年yuki murata(Anoice,films,etc.)との2台ピアノ形式での活動も開始し、ピアニスト・作曲家としての活動の幅を広げている。またErased Tapes等からリリースしているピアニストLubomyr Melnykに師事し、その独特な奏法を吸収し自身の作品に取り入れ始めている。 マスタリングはKASHIWA Daisuke氏。

18

THREE(24bit/96kHz)
High Resolution

THREE(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一の代表曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジをした「1996」以来の待望のアルバム!1996年、坂本龍一は「1996」と題したアルバムをリリースした。坂本の既存曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジ。セルフ・カバーであるそれらは、過去の代表作に再び命を吹き込む充実したアレンジと演奏で傑作と絶賛された。このアルバムはロングセールスとなり、またアルバム・リリース後におこなわれたワールド・ツアーでは世界中の観客たちを熱狂させた。そして、2011年秋このピアノ・トリオをヨーロッパで復活。チェロにはオリジナルメンバーで、坂本の朋友であるジャキス・モレレンバウム、ヴァイオリンにはオーディションで採用した新しい才能、ジュディ・カンを起用。新旧織り交ぜた選曲で再びヨーロッパの観客を魅了した。今回のアルバムは、ヨーロッパ・ツアー直後にスタジオ録音された完成度の高い、「1996」以来の待望のトリオ・アルバムです。

19

エコーズ・オブ・ジャパン
Lossless

エコーズ・オブ・ジャパン

Jazz/World

民謡クルセイダーズ

お待たせしました! 話題のバンド、民謡クルセイダーズ、衝撃のファースト・アルバム!

21

Spiral Circle
Lossless

Spiral Circle

Jazz/World

Helge Lien Trio

初リーダー作にして名盤。また優秀録音名盤でもある。ヘルゲ・リエン(p),フローデ・バルグ(ds),クヌート・オーレフィアール(b)

22

Innocence
Lossless

Innocence

Classical/Soundtrack

Wataru Sato

2013年以降、Gecko名義でエレクトロニカ作品のリリースを重ね、近年はMotion Blue yokohama等の名門ジャズライブハウスでの公演を行う新進気鋭のピアノインストバンドGecko&Tokage Paradeのリーダー・メロディーメーカーでもある異色のピアニストWataru Satoによる2ndピアノソロアルバムが完成した。  前作"midnight solitude"同様、彼の自宅で全て制作・録音された今作。ピアノソロというシンプルな構成ながらも、Gecko&Tokage Paradeの楽曲に見られる彼特有の哀愁漂うメロディと音色が、より一層際立った作品となっている。  世界最速のミニマルピアニストLubomyr Melnykに師事し学んだ奏法、クラシック・ジャズ・フュージョンを横断し培った感性、Nils FrahmやOlafur Arnoldsを彷彿とさせるシンプルながらも美しい旋律。日本のポストクラシカル・ミニマルを担う新鋭のピアニストの注目作品である。

23

Rise Up
Lossless

Rise Up

Jazz/World

Likkle Mai

Likkle Mai、2月に先行リリースし好セールスを記録したキラー・チューン「V-I-C-T-O-R-Y」を含む全6 曲のミニアルバム「Rise Up」7月20日リリース!!前作「きたぐにのはる」から様々な経験を経て説得力を増した歌声と唯一無二の世界観が織り成す、渾身の全編オリジナル作。ソウルフルな反戦歌M5「WAR IS OVER」では中川敬(SOUL FLOWER UNION)が流麗なコーラスを、M2「VICTORY SKANK」においてはRob Smith(RSD、SMITH&MIGHTY)が圧巻のリミックスワークを披露している。

24

DUB IS THE UNIVERSE
Lossless

DUB IS THE UNIVERSE

Jazz/World

Likkle Mai

4thアルバム!TVCM『ポカリスエット』使用楽曲も収録!!さらに、ロッカーズ・スタイルのルーツ・レゲエ・クラシックのJOHNNY CLARKE『Every Knee Shall Bow』のカヴァーも収録! 全編バンド・サウンドによるプロダクションは、愛らしいロックステディから激渋ルーツ・ダブまで、レゲエの王道を完璧なまでに踏襲しつつも、独自の革新的なトラックの創造に挑戦。そのサウンドは、まさに「ルーツレゲエの未来形」! 演奏はLikkleMai Bandに加え、ハワイの人気バンドThe GreenやOoklah The Mocなどで活躍するBrad" BW "Watanabeも強力なトラックを提供している。 MIXを担当するのはご存知、内田直之。また、巨匠SCIENTISTとのスタジオセッションから生まれた「Open Your Eyes」を収録。

25

ジブリ・ジャズ2 (24bit/96kHz)
High Resolution

ジブリ・ジャズ2 (24bit/96kHz)

Jazz/World

ALL THAT JAZZ

「ジブリジャズ」がロングセラーを続ける中で第二弾としてリリースされた「ジブリジャズ2」。発売から現在に至るまでロングセラーを続けるアルバムが遂にハイレゾ化!ジブリアイテムの定番となったジャズでありながらPOP で、POP でありながらおしゃれで、大人も子供も楽しめるというジブリジャズ同様にジブリカバーの秀作です!「本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いてハイレゾ化した作品となります。」K2HD解説URLhttp://www.jvcmusic.co.jp/k2technology/k2hd/index.html

28

フランツ・カフカズ・アメリカ
Lossless

フランツ・カフカズ・アメリカ

Jazz/World

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN

前2作のスタイルを踏襲しながらさらなる進化を遂げた全100分におよぶ超大作!発表直後に活動終了を宣言するなど初期(第一/二期)DC/PRGの集大成とも言うべき3rdアルバム!

Caution: The order might change without any notice because it depends on the genre which the musicians belong to.

json

TOP